6.2 C
Tokyo
ホームINFO鶴岡市立加茂水族館|基本情...

鶴岡市立加茂水族館|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

クラゲドリームシアター(鶴岡市立加茂水族館)

鶴岡市立加茂水族館(クラゲドリーム館)は、山形県鶴岡市に1930年に開館した水族館。60種以上のクラゲの展示「クラネタリウム」の他、水族館が面している日本海の庄内沿岸に生息する生物などを展示しています。約1万匹のミズクラゲが浮遊する、直径5メートルの水槽「クラゲドリームシアター」が見どころです。アシカやアザラシの生態を知ることができる「ひれあしの時間」や、庄内浜に生息する鳥ウミネコへの餌やり体験なども実施しています。※どちらも冬季は休み

営業時間

9:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日
なし(年中無休、不定期でメンテナンス休館する場合あり)

入館チケット

料金

一般 小・中学生 幼児
個人 1,000円 500円 無料
団体
(10名以上)
900円 450円 無料

※上記は通常料金です。学校団体や障害をお持ちの方などの入館時には減免があります。(条件あり)

購入方法

水族館窓口の他、宿泊施設、WEB、コンビニで事前購入できる前売り券があります。※前売り券で優先入場はできません

宿泊施設前売り券
水族館周辺や鶴岡市内の宿泊施設、旅行会社で販売しています。

WEB前売り券
PassMe!、JTB、dトラベル、いこーよ各サイトで販売している電子チケットです。(利用制限あり)

コンビニ前売り券
ファミリーマート店舗「ファミポート」で販売しています。

<水族館窓口での決済方法>
現金

年間パスポート

購入日より1年間、何度でも入館することができてお得です。プレゼント用の年間パスポート(発行日より1年間有効)もあります。

一般 小・中学生
2,500円 1,250円

飼育動物

クラゲ(60種類以上)、ゴマフアザラシ、キタゾウアザラシ、アカウミガメ、アオウミガメ、カリフォルニアアシカなど

レストラン

水族館内に2つあります。エントランスホールにはクラゲソフトクリームやドリンクなどの軽食を販売する「御休処 波の華」、アザラシプールを眺められる位置には庄内浜の幸やクラゲラーメンなどを提供する「魚匠ダイニング 沖海月(おきみづき)」があります。

ショップ

水族館の出入り口付近にグッズショップ「海月灯り(つきあかり)」があります。他では出会えない加茂水族館限定のクラゲグッズ(お菓子や雑貨など)を豊富に販売しています。

アクセス

電車・バス
JR「鶴岡駅」から庄内交通路線バス「湯野浜温泉行き(加茂経由)」に乗車し、「加茂水族館停留所」下車すぐ(バスの所要時間約40分)
※JR「鶴岡駅」まではJR「新潟駅」から特急列車で約2時間、JR「新潟駅」まではJR「東京駅」から上越新幹線で約2時間かかります。

飛行機
「羽田空港」「成田空港」から「庄内空港」まで約1時間
※「庄内空港」から水族館まで直通の公共交通機関がないため、JR「鶴岡駅」まで行きバスに乗車、もしくはレンタカーやタクシー(約20分)を利用してください。


山形自動車道「鶴岡IC」より約15分
日本海東北自動車道「鶴岡西IC」より約25分

駐車場

無料駐車場あり(複数あり一番近い駐車場は水族館前にある第1駐車場、約350台収容)

住所

〒997-1206 山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
TEL:0235-33-3036

公式サイト

鶴岡市立加茂水族館(つるおかしりつかもすいぞくかん)
http://kamo-kurage.jp/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR