26.5 C
Tokyo
ホーム MATOME ラッコ飼育水族館情報まとめ...

ラッコ飼育水族館情報まとめ(日本全国に3館のみ)

ラッコ

ラッコを飼育している水族館は、日本全国に3館、飼育頭数は4頭のみです。※2021年5月現在
飼育頭数は年々減少しており、日本の水族館からラッコがいなくなる可能性があります。

日本でのラッコ飼育の現状

1982年(昭和57年)に伊豆・三津シーパラダイスが日本で初めてラッコを飼育展示を開始。1984年には鳥羽水族館が国内で初めて繁殖を成功させ、日本中で「ラッコブーム」が巻き起こりました。1994年、日本全国で最多の122頭が飼育されていました。

しかし、毛皮目的の密猟、原油流出事故、地球温暖化などの影響により野生のラッコ生息数が減少。保護のためにワシントン条約で国際取引が規制され、主な輸入元であるアメリカから1998年を最後にラッコ輸入が途絶えています。2000年、ラッコは国際自然保護連合(IUCN)により絶滅危惧種に指定されました。

もともとラッコの繁殖は難しく、現在日本の水族館にいるラッコは高齢。近年は死亡のニュースが相次いでいます。このまま輸入出来ない状況が続けば、日本の水族館からラッコがいなくなる可能性があります。

飼育中の水族館及び飼育頭数

■三重県「鳥羽水族館」
2頭:メイ(メス)、キラ(メス)
※2018年10月 ロイズ(オス)が死亡

■兵庫県「神戸市立須磨海浜水族園」
1頭:明日花(メス)
※2021年5月 ラッキー(オス)が死亡(鴨川シーワールドにて)
※神戸市立須磨海浜水族園は再整備工事のため、2021年2月末にラッコの公開終了しています

■福岡県「マリンワールド海の中道」
1頭:リロ(オス)
※2021年2月 マナ(メス)が死亡
 

近年飼育終了した水族館

■東京都「サンシャイン水族館」
2012年12月 ルーチ(オス)が死亡
2016年1月 ミール(メス)が死亡
2016年3月 ロイズ(オス)を三重県「鳥羽水族館」へ移動

■神奈川県「横浜・八景島シーパラダイス」
2017年4月 ユータン(オス)が死亡

■大阪府「海遊館」
2017年10月 パタ(メス)が死亡

■茨城県「アクアワールド茨城県大洗水族館」
2018年11月 カンナ(メス)が死亡

■新潟県「マリンピア日本海」
2020年3月 クータン(オス)が死亡

■石川県「のとじま水族館」
2020年9月 ラスカ(メス)が死亡

■和歌山県「アドベンチャーワールド」
2021年3月 キラ(メス)を三重県「鳥羽水族館」へ移動

関連記事

LATEST ARTICLES

水族館オンラインショップ&おすすめグッズ紹介

近年、オンラインショップを運営する水族館が増えています。人気の水族館オンラインショップと、そこで購入できるおすすめグッズをご紹介します。 すみだ水族館 東京スカイツリータウン・ソ...

京急油壺マリンパーク閉館 2021年9月30日

京急油壺マリンパークが2021年9月30日(木)をもって閉館することが、京浜急行電鉄株式会社及び株式会社京急油壺マリンパークより発表されました。建物や設備の老朽化から維持管理が困難なため、閉...

スマスイ×サニークラウズ ファッションアイテム新登場!「ペンギンのお散歩」モチーフなど

フェリシモが展開するファッションブランド「Sunny clouds」では、神戸市立須磨海浜水族園(スマスイ)とコラボしたファッションアイテムを、2021年4月14日よりウェブ販売しています。...

『国際博物館の日』記念 特別レクチャー「シャチものしり講座」開催@鴨川シーワールド

鴨川シーワールドでは、5月18日の『国際博物館の日』記念イベントとして、2021年5月15日(土)・16日(日)・18日(火)に特別レクチャー「シャチものしり講座」を開催します。 「シ...

イワシの群れが大水槽で躍動!「IWASHI LIFE(イワシ ライフ)」開始@アクアワール...

アクアワールド茨城県大洗水族館では開館20周年記念事業の第1弾として、2021年5月15日(土)より、約15,000匹のイワシが群れ動く新しいイワシパフォーマンス「IWASHI LIFE(イ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR