26.8 C
Tokyo
ホームINFOマリンワールド海の中道|基...

マリンワールド海の中道|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

スナメリ(マリンワールド海の中道)

マリンワールド海の中道は、福岡県福岡市の海の中道海浜公園内に1989年に開館した水族館。2017年にリニューアルし、九州の海の生物をメインに展示を構成しています。福岡の身近なイルカ”スナメリ”の水槽、マイワシやシロワニ(大きなサメ)が泳ぐ九州南部の海を再現した水深7mの外洋大水槽、博多湾を背景にしたイルカとアシカのパフォーマンスを観られるショープール、ラッコが自由にぷかぷかと浮かんだり食事をしたりする様子を観察できるラッコプールなどが見どころです。西鉄グループの株式会社海の中道海洋生態科学館が管理運営しています。

営業時間

2020年12月〜2021年2月 10:00~17:00(最終入館16:00)
休館日

2月の第1月曜日とその翌日(2021年は2月1日・2日)
※営業時間は時期により変わります。天候により営業時間変更、臨時休業する場合があります。

入館チケット

料金

大人
(高校生以上)
小・中学生 幼児
(3歳以上)
シニア
(65歳以上)
2,350円 1,100円 600円 1,880円

※上記は通常料金(個人)です。障がいをお持ちの方、一般団体(20名以上)、学校団体、海の中道海浜公園の年間パスポートをお持ちの方などに適用される割引料金があります。

購入方法

水族館窓口での購入の他、WEBで事前購入できる前売り券があります。

WEB前売り券
アソビュー|マリンワールド海の中道
楽天トラベル観光体験|マリンワールド海の中道

年間パスポート

1年間に何度でも入館できる年間パスポートは、同伴者の入館料割引や、館内ショップや周辺施設での割引特典なども受けられてお得です。

大人
(高校生以上)
小・中学生 幼児
(3歳以上)
シニア
(65歳以上)
4,600円 2,100円 1,100円 4,600円

飼育動物

スナメリ、バンドウイルカ、カマイルカ、ハナゴンドウ、ゴマフアザラシ、ラッコ、ケープペンギン、アオウミガメ、アカウミガメ、タイマイ、シロワニ、マイワシ、チンアナゴなど

レストラン

水族館内1Fに「restaurant Reilly」があります。イルカが水中を泳ぐ姿を観ながら、ゆっくりと食事をすることができます。カレーや麺類、ハンバーガー、イルカのクッキーがのったパフェなどを販売しています。

ショップ

水族館内2Fエントランス近くにショップ「SEA FOREST」があります。マリンワールド海の中道オリジナルのお菓子や雑貨、ラッコやスナメリのぬいぐるみなど、様々な商品を販売しています。

オンラインショップ

2021年3月にオープンしました。クリエイターズコラボグッズやオリジナルグッズを販売しています。
オンラインストア「すいそう」

アクセス

電車
JR香椎線「海ノ中道駅」から徒歩約5分
※JR「博多駅」からJR「香椎駅」まで約11分、JR「香椎駅」からJR香椎線「海ノ中道駅」まで約20分

バス
西鉄バス「マリンワールド海の中道」下車徒歩約3分
「天神中央郵便局前(18Aのりば)」から「マリンワールド海の中道」まで約60分(土日祝:都市高速経由便の場合約30分)


博多湾内航路(うみなかライン)「海の中道(マリンワールド)」下船すぐ
「ももち(マリゾン)」及び「博多ふ頭(ベイサイドプレイス)」から「海の中道(マリンワールド)」まで約20分


都市高速1号香椎線「香椎浜ランプ」から約15分
九州自動車道「古賀IC」から約35分

駐車場

有料駐車場あり(大型車1,580円、普通車530円、二輪車270円)

住所

〒811-0321 福岡市東区大字西戸崎18-28
TEL:092-603-0400

公式サイト

マリンワールド海の中道(まりんわーるどうみのなかみち)
https://marine-world.jp/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR