17 C
Tokyo
ホームNEWSコツメカワウソの赤ちゃん3...

コツメカワウソの赤ちゃん3姉妹誕生!公開中&動画配信中(サンシャイン水族館)

サンシャイン水族館では、コツメカワウソの赤ちゃんが2月1日(月)に誕生しました。人気者のコツメカワウソの仲良し夫婦「マハロ」と「ラジャ」の間に誕生した3姉妹の赤ちゃんです。

コツメカワウソ赤ちゃん(サンシャイン水族館)
コツメカワウソの赤ちゃん(3姉妹)

母仔ともに元気で、安定した育仔環境のもと、赤ちゃんたちは順調にスクスクと育っており、仲良しマハロ・ラジャ夫婦はしっかりと仔育てをおこなっております。現在屋外エリア・マリンガーデン「カワウソたちの水辺」水槽では仔育ての様子を公開し、微笑ましい仔育ての様子や愛くるしい赤ちゃんたちの姿がご覧になれることもありますので、サンシャイン水族館のマハロ・ラジャ、新しく家族になった3姉妹の赤ちゃんたちを温かく見守ってください。※時間によってご覧いただけないこともあります。
貴重な出産の瞬間の他、仔育ての様子や赤ちゃんの成長はサンシャイン水族館オフィシャルYoutubeでも配信しています。

サンシャイン水族館では過去に何度かコツメカワウソの繁殖に成功しており、展示等でその魅力を伝えるとともに、カワウソの生態や生息環境などについても関心を持っていただけるよう努めています。

●コツメカワウソの赤ちゃん、両親「マハロ」と「ラジャ」の概要
仔 :名前未定  2021年2月1日夜に5頭誕生。性別は3頭ともメス。(2頭は死亡)
父親:ラジャ   2015年6月5日マレーシアの動物園生まれの5才。臆病で慎重派。
母親:マハロ   2014年8月7日サンシャイン水族館生まれの6才。やんちゃで好奇心旺盛。
※2018年春より「カワウソたちの水辺」水槽にて同居展示開始。すぐに仲良くなり、2018年10月に初めての赤ちゃん「もみじ」が誕生しました。

コツメカワウソ赤ちゃん(サンシャイン水族館)
仔育ての様子

<出産時のエピソード&喜びのコメント>
今回は仔宝に恵まれて5頭の仔を出産しました。もみじ出産時はマハロがつきっきりで仔育てしていて、ラジャは蚊帳の外でしたが、今回の出産ではマハロが仔から離れる時はラジャが仔育てを代わってあげたり、仔を温めるために抱き寄せて一緒に寝たり、両親で協力して仔育てしています。また、授乳中のマハロにエサの魚を運んで食べさせるなど、両親仲睦まじい姿なども見られました。これまでの育仔経験から夫婦の絆も強まり、仲良く協力して仔育てをおこなっていますので、温かく見守ってください。(飼育スタッフより)

<サンシャイン水族館オフィシャルYouTubeにて動画配信中>
出産の瞬間の他、仔育ての様子や赤ちゃんの成長をサンシャイン水族館オフィシャルYouTubeにて配信しています。
公式Youtubeチャンネル:http://www.youtube.com/user/SunshineAquarium
例)コツメカワウソの赤ちゃん生後23日

●コツメカワウソについて
(英名:Asian small-clawed otter 学名:Aonyx cinerea)
東南アジア諸国およびインド南部に分布する、カワウソの仲間では最も体が小さな種類です。名前の由来にもなっているように指先にある爪はとても小さく、指の間には”水かき”がついています。手先はとても器用で、この器用な前肢を使い獲物を捕まえます。泳ぎがとても上手で、河川や湖の近くに生息し、10~15頭の大きな家族群をつくり生活しています。
初産で1~3頭、最大で6頭ほど赤ちゃんが生まれることもありますが、オスも育児に協力的なことが多く、夫婦で協力して仔育てをします。

●カワウソが置かれている状況について
世界に生息する13種のカワウソのうち7種が絶滅危惧種に指定されています。日本でも人気のカワウソですが、実はその裏で、密輸を通じてカワウソを売りさばき儲けを得るという人たちがいます。そして日本はその最大の密輸先とされています。密輸では、生まれたてのカワウソが劣悪な環境の中で運び込まれるので、大半はその輸送中に死んでしまいます。
コツメカワウソは、絶滅のおそれがある希少な野生動物でペット動物ではありません。2019年にはワシントン条約の改正で、無償、個人・事業者を問わず、商取引が禁止となり、ペットに限らず新規の移動や販売することは原則禁止となりました。絶滅が危惧される貴重な生き物でありながら、かわいいカワウソたちを取り巻く環境は、意外にも危険なのです。
サンシャイン水族館では、カワウソたちを取り巻く環境などについて考えるきっかけになるよう、カワウソたちが幸せになる未来を目指して啓蒙活動に取り組んでいます。

※生物の状態により、内容は変更になる場合があります。 

サンシャイン水族館 概要

所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10:00〜18:00、9:30〜21:00(2021年3月20日〜9月7日)※最終入場は終了1時間前 ※変更の場合あり
入場料金:大人(高校生以上)2,400円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円※変更の場合あり
問合せ先:サンシャイン水族館 03-3989-3466

​—
情報配信元:株式会社サンシャインシティ

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR