6 C
Tokyo
ホームREPORT板橋で出会った世界最大級の...

板橋で出会った世界最大級の淡水エイ!@板橋区立 熱帯環境植物館

ヒマンチュラ・チャオプラヤ

平らで独特なフォルム。なめらかに、優雅に泳ぐ姿。
そして人懐っこい顔のように見えるかわいい鼻と口。
今回はそんな水族館の人気者「エイ」に注目。

世界中の海水・汽水のほか、川などの淡水にも生息しているエイですが、そのうち淡水に生息する淡水エイの中でも世界最大級の大きさを誇るのが、「ヒマンチュラ・チャオプラヤ」という種類です。
東南アジアの大きな河川を生息域とし、タイのバンコクに流れているチャオプラヤー川から名前がついているともいわれています。

そして、この「ヒマンチュラ・チャオプラヤ」を日本で見られるのは板橋区立 熱帯環境植物館(ねったいかん)だけ。
果たしてどのくらいの大きさなのか、さっそく見に行くことにしました。

全長2m70cmのチャオちゃん

ヒマンチュラ・チャオプラヤ

出会えました。ヒマンチュラ・チャオプラヤのチャオちゃん。メスです。
全長はしっぽの先までで2m70cm。水槽にいる他の魚たちよりもはるかにビッグサイズ。
2009年にこの施設にやって来た当初は45cmで、そこから今の大きさになったのだそうです。
好物はサバで、3枚に卸したサバを1日に3尾分食べます。

全長の半分以上はあろうかという長いしっぽも特徴的です。
また、現在は全長2m70cmですが、まだ大きくなるかもしれないとのこと。

温厚でマイペース

スタッフの方の話によれば、性格はとても温厚なのだとか。
同じ水槽にいるカメや魚が自分の上を泳いでいてもまったく気にしません。悠々自適に泳いでいます。
種族を超えて一緒に仲良く泳ぐ姿はとてもほほえましいですね。

ヒマンチュラ・チャオプラヤ
ヒマンチュラ・チャオプラヤ

人に興味があるのでしょうか。時々近づいて来てじっくりとその姿を見せてくれます。
サービス精神が豊富なのかもしれませんね。

ねったいかんにとって大切な存在

2009年から現在まで。45cmから2m70cmになるまで。ねったいかんではずっとチャオちゃんを大切に飼育してきました。
そして日本で唯一見られるということもあり、土日は多くの人がチャオちゃんに一目会おうとねったいかんにやって来ます。
中にはお子様がチャオちゃんのことが大好きで、チャオちゃんに会うために何度も足を運んでいるというご家族もいらっしゃいました。一度チャオちゃんを見た後、また戻って見に行くのだそうです。
お子様も「大きくてかわいい」「ここ顔じゃないんだよ」とうれしそうに教えてくれました。

皆様もぜひ、板橋に訪れた際はねったいかんにも立ち寄り、世界最大級の淡水エイと出会ってみませんか?

文章・画像/政喜

LATEST ARTICLES

動物とお話も?こどもと一緒に動物体験【智光山公園こども動物園】

動物園に訪れるこどもたちの楽しみといえば、動物とのふれあいではないでしょうか?わが家でも「エサをあげたい」と必ずリクエストが入ります。動物園に到着したら、まずは動物とふれあいのできる場所に向かうのが...

こども大興奮!コツメカワウソのむしゃむしゃタイム【智光山公園こども動物園】

かわいらしい仕草や動き、表情で見る人をたちまち癒してしまうカワウソ。近年、SNSやメディアをきっかけにブームとなり、触れ合うことのできるカフェもオープンするなど人気が止まりませんね。 ...

【愛らしい】上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」には”世界最古のネコや”ウサギみたいなブ...

上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」 ▼前回の記事はこちらhttps://dobutsubiyori.com/topic20230120/ 前回の記事では、上野動物園の隠れ人気スポット...

秘訣は「観察」魚たちの健康管理

水族館や動物園で飼育されている生きものたちは、人と同じように毎日元気でずっと健康、というわけではありません。体調が悪ければお休みをして、薬が必要になることもあります。そういった裏での健康管理...

都市型水族館『AOAO SAPPORO』 展示「ネイチャーアクアリウム」導入を決定

2023年夏開業予定の都市型水族館『AOAO SAPPORO』(北海道札幌市)は、主要な展示のひとつとして「ネイチャーアクアリウム」の導入を決定した。 東京(東京スカイツリータウン®内・すみだ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR