5.2 C
Tokyo
ホームINFOアドベンチャーワールド|基...

アドベンチャーワールド|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ジャイアントパンダ(アドベンチャーワールド)

アドベンチャーワールドは、和歌山県の南紀白浜に1978年に開業した、動物と自然とふれあえるテーマパーク。開業当初の名称は「南紀白浜ワールドサファリ」で、1983年から現在の名称になりました。動物園、水族館、遊園地が一体となっており、ジャイアントパンダの家族と出会ったり、カバやキリンにおやつをあげたり、イルカやクジラのパフォーマンスを観たり、観覧車やジェットコースターに乗ったりと、盛り沢山な体験ができます。

日本一の頭数を展示しているジャイアントパンダが、一番の見どころです。アドベンチャーワールドは、中国成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地と共同で繁殖研究を行い、中国国外で最多の繁殖実績を誇ります。最近では2020年11月に赤ちゃんが誕生しました。その他、日本では2ヶ所(他、名古屋港水族館)でしか展示していないエンペラーペンギン(コウテイペンギン)も見どころです。株式会社アワーズが管理運営しています。

※コビトカバの展示は2020年10月に終了しました。(死亡のため)
※ラッコの展示は2021年3月に終了しました。(鳥羽水族館へ移動)

営業時間

10:00〜17:00
※営業時間が変更となったり、休園する場合があります。公式サイトにて最新情報を確認してください。

入園チケット

料金

大人
(18歳以上)
セニア
(65歳以上)
中人
(中・高校生/12-17歳)
小人
(幼児・小学生/4-11歳)
4,800円 4,300円 3,800円 2,800円
割引料金

25名以上の団体、学校グループ、障がい者・要介護認定者・介護者は割引になる一部チケット料金の割引があります。

二日間入園券

3日間のうち2日入園できるお得なチケットがあります。詳細は公式サイトにて確認してください。

購入方法

アドベンチャーワールド窓口の他、WEBで事前購入できる前売り券があります。

WEB前売り券
アドベンチャーワールド チケットストア

<窓口での決済方法>
現金、クレジットカード、電子マネー、QRコード決済

年間パスポート

大人
(18歳以上)
セニア
(65歳以上)
中人
(中・高校生/12-17歳)
小人
(幼児・小学生/4-11歳)
16,900円 15,500円 11,800円 8,100円

飼育動物

ジャイアントパンダ、ライオン、ホワイトタイガー(ベンガルトラ)、チーター、サーバルキャット、アムールトラ、バンドウイルカ、オキゴンドウ、ハナゴンドウ、カマイルカ、ホッキョクグマ、カリフォルニアアシカ、ゴマフアザラシ、ラッコ、エンペラーペンギン(コウテイペンギン)、キングペンギン(オウサマペンギン)、アデリーペンギン、ヒゲペンギン、ジェンツーペンギン、ケープペンギン、キタイワトビペンギン、フェアリーペンギン、アフリカゾウ、アミメキリン、シマウマ、コツメカワウソ、レッサーパンダ、アジアゾウ、カピバラ、オニオオハシ、カバ、ワオキツネザル、アルパカなど

カフェ

園内には本格的なレストランから軽食をテイクアウトできるお店まで、さまざまな飲食店舗があります。それぞれの店舗で販売メニューは異なりますが、ジャイアントパンダモチーフのハンバーガーやデザートなどのメニューが人気です。

ショップ

園内に7つのギフトショップがあります。ショップそれぞれに特色があり、ジャイアントパンダに出会える施設「パンダラブ」の近くにある「パンダワゴン」では、他では買えないパンダグッズを販売しています。

アクセス

電車
JR「白浜駅」から路線バスで約10分
※JR「白浜駅」まではJR「新大阪駅」から紀勢本線特急で約2時間30分です。

バス
大阪から:なんば(OCAT)または大阪駅JR高速バスターミナルより約3時間30分


「南紀白浜インターチェンジ」から約15分(約6km)、「南紀田辺インターチェンジ」から約30分(約14km)

駐車場

有料駐車場あり(普通車1,200円/日、大型車2,000円/日、2輪車500円/日)
※EV車(電気自動車)専用充電器もあります。

住所

〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地
TEL:0570-06-4481

公式サイト

アドベンチャーワールド(あどべんちゃーわーるど)
https://www.aws-s.com/

LATEST ARTICLES

動物とお話も?こどもと一緒に動物体験【智光山公園こども動物園】

動物園に訪れるこどもたちの楽しみといえば、動物とのふれあいではないでしょうか?わが家でも「エサをあげたい」と必ずリクエストが入ります。動物園に到着したら、まずは動物とふれあいのできる場所に向かうのが...

こども大興奮!コツメカワウソのむしゃむしゃタイム【智光山公園こども動物園】

かわいらしい仕草や動き、表情で見る人をたちまち癒してしまうカワウソ。近年、SNSやメディアをきっかけにブームとなり、触れ合うことのできるカフェもオープンするなど人気が止まりませんね。 ...

【愛らしい】上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」には”世界最古のネコや”ウサギみたいなブ...

上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」 ▼前回の記事はこちらhttps://dobutsubiyori.com/topic20230120/ 前回の記事では、上野動物園の隠れ人気スポット...

秘訣は「観察」魚たちの健康管理

水族館や動物園で飼育されている生きものたちは、人と同じように毎日元気でずっと健康、というわけではありません。体調が悪ければお休みをして、薬が必要になることもあります。そういった裏での健康管理...

都市型水族館『AOAO SAPPORO』 展示「ネイチャーアクアリウム」導入を決定

2023年夏開業予定の都市型水族館『AOAO SAPPORO』(北海道札幌市)は、主要な展示のひとつとして「ネイチャーアクアリウム」の導入を決定した。 東京(東京スカイツリータウン®内・すみだ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR