12.8 C
Tokyo
ホームINFO東山動植物園|基本情報(営...

東山動植物園|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

サイ(東山動植物園)

東山動植物園は、愛知県名古屋市の東山公園内に1937年に開園した市営の動植物園。約60ヘクタールの広大な敷地に、動物園、植物園、遊園地、東山スカイタワー(展望タワー)があります。日本国内の動物園の中で年間入場者数が毎年上位にランクインする人気の動植物園で、飼育動物は日本一の約500種を誇ります。1984年に日本で初めてコアラが来園した歴史(多摩動物公園と平川動物公園とともに)があり、コアラのいる動物園として有名です。近年はイケメンゴリラ”シャバーニ”や、おっさんの叫び声のような鳴き声のフクロテナガザル”ケイジ”も話題になりました。ずっと人気のコアラ舎、日本最大級のアジアゾウ舎、2018年にできたゴリラ・チンパンジー舎が特に見どころです。

営業時間

9:00〜16:50(最終入園16:30)
休園日
毎週月曜日(祝日の場合には翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)

入園チケット

料金

動物園・植物園どちらにも入園できる「観覧券」と、動物園・植物園に加えて東山スカイタワーにも入館できる「スカイタワー共通券」があります。

チケット区分 大人(高校生以上) 中学生以下 65歳以上
※名古屋市在住
観覧券 500円 無料 100円
スカイタワー共通券 640円 無料 160円

※上記の他、団体(30名以上)、団体(100名以上)の場合の割引料金があります。
※学校団体の引率者の方、身体障害者手帳等をお持ちの方、特定医療費受給者証等をお持ちの方が入園する場合には減免があります。

購入方法

動物園窓口の他、旅行会社やコンビニで事前購入できる前売り券があります。

旅行会社前売り券

JTB、名鉄観光サービス

コンビニ前売り券

ファミリーマート、ローソン、セブンイレブン

年間パスポート

動物園・植物園に1年間入園できる年間パスポート(定期観覧券)です。

大人(高校生以上) 65歳以上
※名古屋市在住
2,000円 600円

飼育動物

アオキコンゴウインコ、アカカンガルー、アカコンゴウインコ、アクシスジカ、アジアゾウアミメキリンインドサイ、エゾヒグマ、エミュー、カリフォルニアアシカキタイワトビペンギンコアラコツメカワウソゴマフアザラシサーバルスマトラトラ、スミレコンゴウインコ、チャップマンシマウマツシマヤマネコ、ニホンカモシカ、ニホンリス、フンボルトペンギン、ベニイロフラミンゴ、ベネットアカクビワラビー、ホンドザル、ホンドタヌキ、ホンドフクロウ、マヌルネコ、マレーグマ、マレーバク、モモイロペリカン、ヤギ、ユキヒョウライオン、ラーテル、アメリカバイソン、アメリカビーバー、アルダブラゾウガメ、オオアリクイ、カナダヤマアラシ、カバカピバラクロサイコビトカバシンリンオオカミスマトラオランウータン、タンチョウ、ダルマワシ、チンパンジー、トナカイニシゴリラ、ニジキジ、ハクトウワシ、ヒゲサキ、フクロテナガザル、マンドリル、メキシコウサギ、メンフクロウ、ヤブイヌ、ワオキツネザル、インドガビアル、エメラルドツリーボア、オオサンショウウオ、ケイマンイワイグアナ、コジャコウネコ、ツチブタ、ハリモグラ、ヨザル、ルーセットオオコウモリ、イタセンパラ、ニホンメダカ、ネコギギ、アルパカフタユビナマケモノなど
※太字は東山動植物園で人気の動物及び動物園・水族館で人気の動物です。

レストラン・カフェ

さまざまな店舗のあるフードコートが1つと、カフェが複数あります。東山動植物園で人気の動物モチーフのメニューを複数の店舗で販売しています。正門近くにある「ズーボ・ゲート」では、かわいい”動物パン”を販売しています。

ショップ

複数のギフトショップがあります。どのショップでも、お土産にぴったりなオリジナルグッズの販売をしています。正門近くにある「ズーボ・ゲート」では、ショップオリジナルの”シャバーニぬいぐるみ!”を販売しています。

アクセス

電車
地下鉄東山線「東山公園駅」3番出口から徒歩約3分
地下鉄東山線「星ヶ丘駅」6番出口から徒歩約7分


東名高速道路「名古屋IC」より約15分

駐車場

有料駐車場あり(1,600台収容、料金:普通車800円/回・大型車2,000円/回・二輪車等400円/回)

住所

〒464-0804 愛知県名古屋市千種区東山元町3-701
TEL:052-782-2111

公式サイト

東山動植物園(ひがしやまどうしょくぶつえん)
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR