6.2 C
Tokyo
ホームINFO天王寺動物園|基本情報(営...

天王寺動物園|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ホッキョクグマ(天王寺動物園)

天王寺動物園は、大阪市天王寺区の天王寺公園内に1915年に開園した、大阪市立の動物園。上野動物園、京都市動物園に次いで日本で3番目に開園した歴史のある動物園で、約180種1000点の動物を飼育しています。生息環境を再現した「生態的展示」に注力しており、生き生きと暮らす動物たちの姿を観ることができます。1970年から日本で唯一飼育している、ニュージーランドの国鳥キーウィが人気です。人気のイベントはナイトZOO(夜の動物園)で、他にも様々なイベントを積極的に開催しています。2019年まではコアラの飼育を行っていましたが、ヨーロッパでの繁殖計画に協力するため、イギリスの動物園へ貸し出し中です。

営業時間

9:30〜17:00(最終入園16:00)
※5月・9月の土日祝は〜18:00(最終入園17:00)

休園日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月1日)
※その他臨時休園(開園)の場合あり

入園チケット

料金

大人 小・中学生(市外) 未就学児
500円 200円 無料

※証明できるものや各種手帳の提示で入園料が無料になる方:大阪市内在住または大阪市立校に在学中の小・中学生、大阪市内在住の65歳以上、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳、戦傷病者手帳、療育手帳をお持ちの方
※上記は通常料金です。団体(30人以上、50人以上100人以上)に適用される割引料金があります。

購入方法

動物園の窓口の他、コンビニとWEBで事前購入できる前売り券があります。
※2021年4月現在、コンビニでの販売は中止中です。土日祝はWEBでの事前購入が必須です。WEB前売り券
WEBチケット販売と土日祝日の事前予約制のお知らせ|天王寺動物園

年間パスポート

4回分の入園料金で1年間何度でも入園できます。ショップの一部商品が5%割引になる特典があります。

大人 小・中学生(市外)
2,000円 800円

飼育動物

ホッキョクグマ、メガネグマ、マレーグマ、カリフォルニアアシカ、カバ、ナイルティラピア、エジプトガン、コフラミンゴ、ヒガシクロサイ、コビトマングース、エランド、キリン、ブチハイエナ、ケープハイラックス、ライオン、アフリカハゲコウ、チュウゴクオオカミ、アムールトラ、ジャガー、ミシシッピーワニ、ビルマニシキヘビ、ヨウスコウワニ、オオサンショウウオ、シセンレッサーパンダ、ムフロン、ニホンイヌワシ、コンドル、エジプトルーセットオオコウモリ、ホンドタヌキ、キーウィ、アライグマ、アルダブラゾウガメ、チンパンジー、フサオマキザル、サバンナモンキー、シシオザル、ブラッザグエノン、クロシロエリマキキツネザル、フクロテナガザル、フランソワルトン、マンドリル、ドリル、ニホンジカ、ヒツジ、ノマウマ、ミミナガヤギ、フタコブラクダ、エミュー、テンジクネズミ、カイウサギ、ナベヅル、タンチョウ、アネハヅル、ホオジロカンムリヅル、チリーフラミンゴ、ベニイロフラミンゴ、フンボルトペンギン、ニホンコウノトリ、シュバシコウ、コサギ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コサンケイ、ニホンキジ、ホロホロチョウ、ワライカワセミ、ベニジュケイ、ヒオドシジュケイ、コクチョウなど

カフェ&ショップ

北側・トラ舎近くにある「サバンナショップ」では、ソフトクリームやポテトフライなどの軽食や、ぬいぐるみなどのグッズを少し販売しています。曜日によりアイスクリームやたこ焼きなどを販売するキッチンカーが出店します。南側・ホッキョクグマ舎近くにある「ANIMAL SHOP」は広いスペースでグッズが充実しており、無料の休憩スペースもあります。

アクセス

電車
新世界ゲート:
地下鉄御堂筋線・堺筋線「動物園前駅」1号出口から徒歩約5分~10分
地下鉄堺筋線「恵美須町駅」3号出口から徒歩約5分~10分
南海電鉄・JR「新今宮駅」通天閣口(東口)から徒歩約10分
てんしばゲート:
地下鉄御堂筋線「天王寺駅」5番出口から徒歩約5分~10分
JR「天王寺駅」中央出口から徒歩約5分~10分
近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」7番出口から徒歩約10分

駐車場

有料駐車場あり(天王寺公園地下駐車場500台、天王寺公園茶臼山エントランス駐車場70台)

住所

〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108
TEL:06-6771-8401

公式サイト

天王寺動物園(てんのうじどうぶつえん)
https://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu170/tennojizoo/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR