6.7 C
Tokyo
ホームNEWSメスのホッキョクグマ死亡の...

メスのホッキョクグマ死亡のお知らせ 28年の長い間たくさんのSmileをありがとう(アドベンチャーワールド)

ホッキョクグマ(アドベンチャーワールド)

アドベンチャーワールドで暮らす、メスのホッキョクグマ(29歳)について、2月18日より腎不全の治療のために公開を一時休止しておりましたが、残念ながら2月28日の朝、死亡を確認しました。
1991年イギリスのエジンバラ動物園で誕生し、1993年2歳の時にアドベンチャーワールドへやってきました。8歳での初めての出産以降、合計6回、10頭を出産し2頭の子供が育ちました。ホッキョクグマの飼育下での平均寿命が20歳前後とされる中、1歳の頃から約28年間という、長きにわたってたくさんのSmileを創造してくれたことをスタッフ一同、深く心に刻み、また見守ってくださったみなさまに深く感謝申し上げます。これからも動物たちとともに未来のSmile(しあわせ)を創造するために今後も取り組んでまいります。

【死亡したホッキョクグマについて】
性別   :メス
生年月日 :1991年11月15日
死亡年月日:2021年 2月28日
享年   :29歳
死因   :腎不全(より詳しく調べるため現在、病理検査を行っています。)

【ホッキョクグマ(メス)のこれまでについて】
1993年2月   イギリスのエジンバラ動物園より来園、アドベンチャーワールドで飼育を開始
2000年2月   2頭出産(出産直後に死亡・生後3か月で死亡)※初めての出産
2000年10月  2頭出産(出産直後に死亡)
2002年1月   2頭出産(出産直後に死亡)
2005年3月   2頭出産(生後2日・生後2週間で死亡)
2009年10月  1頭出産(4歳で死亡)
2013年11月  1頭出産(現在7歳)
2021年2月   29歳で永眠


情報配信元:株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド)

関連記事

LATEST ARTICLES

動物とお話も?こどもと一緒に動物体験【智光山公園こども動物園】

動物園に訪れるこどもたちの楽しみといえば、動物とのふれあいではないでしょうか?わが家でも「エサをあげたい」と必ずリクエストが入ります。動物園に到着したら、まずは動物とふれあいのできる場所に向かうのが...

こども大興奮!コツメカワウソのむしゃむしゃタイム【智光山公園こども動物園】

かわいらしい仕草や動き、表情で見る人をたちまち癒してしまうカワウソ。近年、SNSやメディアをきっかけにブームとなり、触れ合うことのできるカフェもオープンするなど人気が止まりませんね。 ...

【愛らしい】上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」には”世界最古のネコや”ウサギみたいなブ...

上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」 ▼前回の記事はこちらhttps://dobutsubiyori.com/topic20230120/ 前回の記事では、上野動物園の隠れ人気スポット...

秘訣は「観察」魚たちの健康管理

水族館や動物園で飼育されている生きものたちは、人と同じように毎日元気でずっと健康、というわけではありません。体調が悪ければお休みをして、薬が必要になることもあります。そういった裏での健康管理...

都市型水族館『AOAO SAPPORO』 展示「ネイチャーアクアリウム」導入を決定

2023年夏開業予定の都市型水族館『AOAO SAPPORO』(北海道札幌市)は、主要な展示のひとつとして「ネイチャーアクアリウム」の導入を決定した。 東京(東京スカイツリータウン®内・すみだ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR