15.6 C
Tokyo
ホームNEWSメスのホッキョクグマ死亡の...

メスのホッキョクグマ死亡のお知らせ 28年の長い間たくさんのSmileをありがとう(アドベンチャーワールド)

ホッキョクグマ(アドベンチャーワールド)

アドベンチャーワールドで暮らす、メスのホッキョクグマ(29歳)について、2月18日より腎不全の治療のために公開を一時休止しておりましたが、残念ながら2月28日の朝、死亡を確認しました。
1991年イギリスのエジンバラ動物園で誕生し、1993年2歳の時にアドベンチャーワールドへやってきました。8歳での初めての出産以降、合計6回、10頭を出産し2頭の子供が育ちました。ホッキョクグマの飼育下での平均寿命が20歳前後とされる中、1歳の頃から約28年間という、長きにわたってたくさんのSmileを創造してくれたことをスタッフ一同、深く心に刻み、また見守ってくださったみなさまに深く感謝申し上げます。これからも動物たちとともに未来のSmile(しあわせ)を創造するために今後も取り組んでまいります。

【死亡したホッキョクグマについて】
性別   :メス
生年月日 :1991年11月15日
死亡年月日:2021年 2月28日
享年   :29歳
死因   :腎不全(より詳しく調べるため現在、病理検査を行っています。)

【ホッキョクグマ(メス)のこれまでについて】
1993年2月   イギリスのエジンバラ動物園より来園、アドベンチャーワールドで飼育を開始
2000年2月   2頭出産(出産直後に死亡・生後3か月で死亡)※初めての出産
2000年10月  2頭出産(出産直後に死亡)
2002年1月   2頭出産(出産直後に死亡)
2005年3月   2頭出産(生後2日・生後2週間で死亡)
2009年10月  1頭出産(4歳で死亡)
2013年11月  1頭出産(現在7歳)
2021年2月   29歳で永眠


情報配信元:株式会社アワーズ(アドベンチャーワールド)

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR