26.8 C
Tokyo
ホームNEWSアートアクアリウム 公式通...

アートアクアリウム 公式通販サイトオープン

アートアクアリウム公式通販サイト

アートアクアリウム製作委員会は、1月26日(火)にアートアクアリウム公式通販サイトをオープンしました。

作家・総合プロデューサー木村英智が手掛けるアートアクアリウムは、美しく舞う金魚を、光・音・香のオリジナル演出で魅せるアート展です。2020年8月28日に東京・日本橋にアートアクアリウム美術館を常設でオープンし、2021年3月7日まで高知県でアートアクアリウム展を期間限定で同時開催中です。

新型コロナウイルスの影響でご来場頂くことのできない遠方のお客様や、アートアクアリウムの世界をご自宅でも楽しみたいという声にお応えするため、公式通販サイトをオープンしました。
第一弾として、アートアクアリウム・土産エリアでも大人気の商品約20種類を販売中です。
5,000円(税込み)以上購入のお客様は送料無料。今後はアートアクアリウムで大人気のスイーツ等も販売する予定です。

公式通販サイト
URL:https://artaquarium.thebase.in/
販売開始日:2021年1月26日(火)

取り扱い商品(一部)

会場で1番人気の「刺繍タオルハンカチ(全5色)」 1,320円
顔にやさしく、洗って繰り返し使える「和紙製金魚マスク(全5色)」 2,420円
おうち時間に作って楽しむ金魚インテリア「KAKUKAKU FLOW(S)」 990円
川島小鳥さん撮影の「アートアクアリウムカレンダー2021」 2,035円
土佐錦魚のマークが入った「オリジナルグラス」 1,210円
お子様に人気の「土佐錦魚ぬいぐるみ(M)」 1,540円
※全て税込み表記

アートアクアリウム

アート、デザイン、エンターテインメントとアクアリウムを融合させ、「アートアクアリウム」という唯 一無二のアート分野を確立させた新しいアートの展覧会。アートアクアリウムアーティスト 木村英智により、2007年に「スカイアクアリウム」としてスタートした展覧会は、金魚に特化し江戸の花街を彷彿させる幻想的な和の世界観で構成された「アートアクアリウム」へと進化を遂げました。これまで国内・海外あわせて計40回の展覧会を開催。独自の世界観は高い評価を得ており、現在までに累計1,000万人以上の累計来場者数を動員しています。

【開催概要】
■東京・日本橋 アートアクアリウム美術館
住所    東京都中央区日本橋本町1-3-9
営業時間  10時〜19時(最終受付18時半)
休館日   不定休(公式サイトをご確認ください)
公式サイト https://artaquarium.jp/

■高知 アートアクアリウム展
会期    現在開催中〜2021年3月7日(日)
住所    高知市追手筋2丁目9番6号7号 オーテピア西敷地(高知市追手筋)
営業時間  平日11時〜20時、土日祝11時〜20時(最終受付19時半)
休館日   無休

【公式SNS】
Instagram:https://www.instagram.com/artaquarium_official/
Facebook:https://www.facebook.com/artaquarium1
Twitter:https://twitter.com/artaquariu

情報配信元:アートアクアリウム製作委員会(代表執行組合員:株式会社 Amuseum Parks)

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR