28.2 C
Tokyo
ホームNEWS【カワスイ 川崎水族館】3...

【カワスイ 川崎水族館】3/22より終日営業に変更 チケット&年パス料金変更あり

カワスイ 川崎水族館は、3月22日(月)より営業体制を変更します。昼・夜の2部制としていた営業時間を1部制の終日営業に変更し、チケット料金、年間パスポート料金も変更します。今後は全てのチケットで昼と夜それぞれの演出や生きものたちの観賞が可能です。

営業体制変更内容

1.営業時間

カワスイ営業体制変更

2.チケット料金

カワスイ営業体制変更

3.年間パスポート料金

カワスイ営業体制変更

4.営業時間変更後の年間パスポート運用

カワスイ営業体制変更

5.2021年2月5日までに共通パスを購入した者への対応

営業体制変更に伴い、下記リカバリーサービスを実施。

対象:2021年2月5日までに共通パスをご購入した方
内容:(1)カワスイ内で利用可能なクーポン券の配布
   (2)同伴者1名の入館無料※利用は1回限り

(1)カワスイ内で利用可能なクーポン券の配布
クーポン券内容:大人1,000円/高校生500円/小・中学生500円/幼児300円 
配布期間:2021年2月8日〜2021年4月30日
配布場所:川崎ルフロン10Fカワスイチケットカウンター
利用可能期間:2021年2月8日~2021年6月30日
利用可能店舗:CAFE CRAM、レストランAOW、こもれびカフェ、ソラネコカフェ、ふれあいパーク

(2)同伴者1名の入館無料※利用は1回限り​
対象期間:2021年2月8日〜2021年4月30日
受付場所:川崎ルフロン10Fカワスイチケットカウンター

今後のカワスイ 川崎水族館について

上記の通り、開業時より行っていた昼の部・夜の部の2部制から、1部制の終日営業に変更します。時間を気にせず昼行性・夜行性の生きものたちとの出会いを楽しめる他、時間と共に変化する演出も楽しむことが可能。4月〜9月は「夏カワスイ」として18:00より、10月〜3月は「冬カワスイ」として16:00より、日の入り時間に合わせて夜の演出へ切り替えを行います。

■時間共に変化する演出例(パンタナルエリア)

パンタナルエリア演出(カワスイ)
昼のパンタナルエリア
パンタナルエリア演出(カワスイ)
夜のパンタナルエリア

■飼育員解説・プログラム・演出などを実施

オニオオハシやカピバラなどの生態を紹介する飼育員解説、世界のクジラを紹介するインタープリテーションなど毎日開催するプログラム、アマゾンゾーンでのスコールや雷雨の演出など、カワスイならではの体験を提供します。

カワスイ_飼育員解説イメージ
飼育員解説イメージ

■解説(魚名板・館内掲出サインなど)の充実

飼育担当クルーの想いが詰まった新しい魚名板や、知的好奇心を掻き立てる発見・学び・感動に溢れる館内掲出サインの充実など解説に注力します。

カワスイ魚名板設置イメージ
魚名板設置イメージ

カワスイ 川崎水族館 概要

「世界の美しい水辺」をテーマに、川崎市を流れる多摩川からアジア、アフリカ、南米アマゾンの熱帯雨林まで、世界の様々な環境に暮らす生きものを最新の照明・音響・映像技術を駆使して展示。世界の水辺を散歩しながら楽しむことができる、新感覚のネイチャーエンターテインメント水族館です。

名称:カワスイ 川崎水族館
開業日:2020年7月17日(金)
所在地:神奈川県川崎市川崎区日進町1-11「川崎ルフロン」9-10階
公式HP:https://kawa-sui.com

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR