23 C
Tokyo
ホームNEWSハシビロコウ 新エリア「B...

ハシビロコウ 新エリア「Big bill(ビッグビル)」オープン!4/23@神戸どうぶつ王国

ハシビロコウ生態園 Big bill(ビッグビル)_神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国は、2021年4月23日(金)、新エリア「ハシビロコウ生態園 Big bill(ビッグビル)」をオープンします。ハシビロコウの生息環境であるアフリカの湿地を再現し、飼育下で世界で2例しかないアジア地域初の繁殖に挑戦します。
ハシビロコウは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類(絶滅寸前)に分類されており、日本国内では7園13羽(※)しか飼育されていません。希少種を絶やさず増やしていく「種の保存」も動物園の大切な役割です。
※公益財団法人 日本動物園水族館協会加盟園館 5園11羽、民間施設2施設2羽

Big bill(ビッグビル)について

ハシビロコウの国内飼育では最大級の広さで、ガジュマルやパピルスなど室内であることを忘れるほどの植物が茂り、様々な命のつながりが形成する湿地の風景が広がります。雨季と乾季を再現するため季節によって雨が降る人工降雨設備も整え、緑豊かな広がる大地を故郷に持つハシビロコウの繁殖に適した環境を作っています。
パピルスが茂る池には観察デッキがあり、来園者はハシビロコウをより近くで観察することが可能。ハシビロコウの他にも、ベニヘラサギ、ベニハチクイ、シロクロゲリなどを展示します。

総面積:1625㎡(テニスコート約6面分)
植物の種類:約40種
主な植物の種類:
ガジュマル(高さ5m、2本)
マングローブ(ヤエヤマヒルギ、オヒルギ、メヒルギなど)
パピルス(200株)

※この新エリアは、クラウドファンディング「花と動物と人との懸け橋プロジェクト」への支援により実現したものです。

ハシビロコウについて

英名:Shoebill
学名:Balaeniceps rex
分類:ペリカン目 ハシビロコウ科
分布:アフリカ中央部、南スーダンからザンビアにかけての湿地
特徴:ゆったりとした動きで、しばしば彫像のように動きを止めるため、「動かない鳥」として知られる。動かない理由は、待ち伏せ型の狩りをするから。巨大な嘴を持ち、嘴を打ち合わせて音を出す”クラッタリング”を行う。

神戸どうぶつ王国のハシビロコウ

・ボンゴ(オス)
年齢:推定8歳
体重:約6〜7kg 体高:約140cm
性格:気分屋

・マリンバ(メス)
年齢:推定5歳
体重:約4〜5kg 体高:約130cm
性格:怖がり

ハシビロコウの繁殖について

農薬や工場排水の大量流出などによる環境汚染が進み、生息地の破壊という人的理由から野生での生息数が減少しています。野生での繁殖期は雨季終わりと言われていますが、飼育下での情報量は少ないのが現状です。
動物園・水族館は希少種を絶やさず増やす「種の保存」も大きな役割ですが、ハシビロコウの繁殖は大変難しく、世界でも動物園での繁殖はベルギーで1例(2個体)、アメリカで1例(1個体)の2例しか成功していません。
神戸どうぶつ王国は、ハシビロコウの繁殖のために作った今回の新エリアでの繁殖に努めます。

インスタライブ配信のお知らせ

オープン前日に報道関係者向けのプレオープンを行います。プレオープン時、どなたでも視聴できるインスタライブ配信を実施します。

【日 程】2021年4月22日(木)
【時 間】13:00 約15〜20分程度
【閲覧方法】
①Instagramのアプリをダウンロード
②アカウントを設定しログイン
③神戸どうぶつ王国の公式アカウントをフォロー
 神戸どうぶつ王国公式Instagram
 https://www.instagram.com/kobe_animalkingdom/
④配信時間(13時00分)に画面上部にあるLIVE動画をタップ

神戸どうぶつ王国公式SNSでは、4月16日(金)からオープン当日まで毎日、Big bill(ビッグビル)の情報を発信中です。

※動物の体調により内容が変更・中止になる場合があります。

神戸どうぶつ王国

神戸どうぶつ王国
〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7-1-9
TEL:078-302-8899
公式サイト:https://www.kobe-oukoku.com/

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR