6.2 C
Tokyo
ホームINFO京都市動物園|基本情報(営...

京都市動物園|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ゾウ(京都市動物園)

京都市動物園は、京都府京都市に1903年に開園した、京都市立の動物園。上野動物園に次ぐ日本で2番目に古い動物園で、2015年にリニューアルオープンしました。トラやジャガーなどのネコ科動物の多様性を感じられる「もうじゅうワールド」、ゾウが群れで生活する様子を観察できる「ゾウの森」、ゴリラの生息環境を再現した「ゴリラのおうち~樹林のすみか~」など、展示ひとつひとつにテーマ性があり動物たちの生態を深く知ることができます。エントランス内には動物園に入園しなくても利用できる「図書館カフェ」があり、コーヒーを飲みながら約6,500冊の本に触れることができます。

営業時間

3月~11月 9:00〜17:00(最終入園16:30)
12月~2月 9:00〜16:30(最終入園16:00)

※園内の各展示施設は、営業終了時刻が異なる場合があります。

休園日
毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月28日~1月1日)
※臨時開園する場合があります。

入園チケット

一般 団体
(一般30名以上)
中学生以下
620円 520円 無料

※証明書原本の提示で無料になる方 – 京都市在住の70歳以上の方、京都市在住の70歳以上で介護保険認定を受けた方とその介護者1名、各種障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名

年間入園券「Zoo~っとパス」

初回入園日から1年間、何度でも入園可能な年間パスポートです。

一般 2,510円

飼育動物

アカゲザル、アジアゾウ、アムールトラ、インドオオコウモリ、オナガゴーラル、カイウサギ、 カバ、キリン、グレビーシマウマ、ケープハイラックス、ショウガラゴ、シロテテナガザル、ジャガー、チンパンジー、テンジクネズミ、ニシゴリラ、ニホンアナグマ、ニホンツキノワグマ、ニホンリス、ヒツジ、フェネック、フサオマキザル、フタユビナマケモノ、ブラジルバク、ホンシュウジカ、ホンドギツネ、ホンドタヌキ、マンドリル、ミニブタ、ミーアキャット、ムササビ、ヤギ、ヤブイヌ、ヨツユビハリネズミ、ヨーロッパオオヤマネコ、レッサースローロリス、レッサーパンダ、ロバ、ワオキツネザル、イチモンジタナゴ
アオバト、アカコンゴウインコ、アナホリフクロウ、アヒル(コールダック)、インドクジャク、ウズラ、エミュー、オオコノハズク、オオバタン、オシドリ、カルガモ、キバタン、キンクロハジロ、クロエリセイタカシギ、ケリ、コガモ、コフラミンゴ、シジュウカラ、シロエリオオヅル、シロフクロウ、ススガオメンフクロウ、タンチョウ、チリーフラミンゴ、トラツグミ、ニホンキジ、ハヤブサ、ヒドリガモ、ヒヨドリ、ヒワコンゴウインコ、フンボルトペンギン、ベニイロフラミンゴ、ホオアカトキ、ホオジロオナガガモ、ホシハジロ、ホロホロチョウ、ホンドフクロウ、マガモ、メガネフクロウ、ユリカモメ、ヨシガモ、ヨーロッパフラミンゴ、ワシミミズク
アオダイショウ、アカアシガメ、アカハライモリ、インドホシガメ、エロンガータリクガメ、オオサンショウウオ、クサガメ、クロコブチズガメ、グリーンイグアナ、ケヅメリクガメ、ケニアスナボア、シナロアミルクヘビ、シマヘビ、シュレーゲルアオガエル、セマルハコガメ、ニシアフリカコガタワニ、ニシキマゲクビガメ、ニシニシキガメ、ニホンイシガメ、ニホンスッポン、ニホンヒキガエル、ニューギニアナガクビガメ、パンケーキリクガメ、ヒガシアオジタトカゲ、ヒョウモントカゲモドキ、ヒラセガメ、ホウシャガメ、ボアコンストリクター、ボールニシキヘビ、マダラヤドクガエル、ミドリニシキヘビ、モエギハコガメ、モンキヨコクビガメなど

カフェ

園内に3つの飲食店があります。正面エントランスには、旬の野菜を使用したビュッフェレストラン「旬菜食健 ひな野 京都市動物園店」と、コーヒーやクレープなどを販売する図書館カフェ「SLOW JET COFFEE IN THE ZOO(スロージェットコーヒーインザズー)」があります。東エントランスには、カフェ併設のグッズショップ「ミライハウス」があります。

ショップ

園内に2つのショップがあります。正面エントランスにある「ゴリランド」では、飼育員監修の西ゴリラぬいぐるみなどのオリジナルグッズを中心に様々なグッズを販売しています。東エントランスにあるカフェ併設の「ミライハウス」では、飼育員が描いたオリジナルのイラストTシャツなどを販売しています。

アクセス

電車
京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約5分

バス
京都市バス”京都岡崎ループ”「動物園正門前」下車すぐ
京都市バス「岡崎公園 動物園前」から徒歩約2分

駐車場

専用駐車場なし
※近隣の有料駐車場(岡崎公園駐車場、みやこめっせ地下駐車場)を利用してください。

住所

〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内
TEL:075-771-0210

公式サイト

京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)
https://www5.city.kyoto.jp/zoo/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR