26.6 C
Tokyo
ホーム INFO ニフレル(NIFREL)|...

ニフレル(NIFREL)|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ニフレル(NIFREL)は、大阪府吹田市の万博公園内に2015年に開館したミュージアム。複合商業施設「EXPOCITY」に属しており、「EXPOCITY」のオープンと共に開館しました。大阪ベイエリアにある水族館”海遊館”がプロデュース及び管理運営し、「生きているミュージアム」をコンセプトに、従来の水族館、動物園、美術館などの垣根を超えた、「感性にふれる」生物の展示を行っています。魚類や水辺の生物以外の展示もしており、ホワイトタイガー、コビトカバ(ミニカバ)、イリエワニ、ワオキツネザルなどの生き生きとした展示が見どころです。

営業時間

10:00〜18:00(最終入館17:00)
※状況により営業時間を変更する場合あり
※定休日なし(状況により臨時休館する場合あり)

入館チケット

料金

大人
(高校生、16歳以上)
こども
(小・中学生)
幼児
(3歳以上)
2,000円 1,000円 600円
障がい者割引

障がい者手帳などをお持ちをお持ちの方 – 本人と介助者(1名)は各種手帳の提示で半額

購入方法

ニフレル窓口の他、WEBで事前購入できる前売り券があります。

WEB前売り券
Webket|ニフレル

<ニフレル窓口での決済方法>
現金、クレジットカード

年間パスポート

年度毎に期間限定で発行している「ニフレルパス」があります。有効期限は年度末(3月末)です。種類は「通年型ニフレルパス」と「平日限定型ニフレルパス」の2種類です。「ニフレルパス」の提示で、同行者5名まで入館料100円割引や、ニフレル内のカフェ・ショップの割引などのお得な特典を受けられます。

飼育動物

アカシマシラヒゲエビ、シロボシアカモエビ、キイロサンゴハゼ、ルリスズメダイ、デバスズメダイ、アデヤカキンコ、ナンヨウハギ、アカネハナゴイ、オシャレハナダイ、プテラポゴン・カウデルニィ、テングハコフグ、ミナミハコフグ、バイカラードッティーバック、カクレクマノミ、ヒメハナギンチャク、モンガラカワハギ、スポッテッドマンダリン、ニシキテグリ、クサビベラ、マダコ、メガネモチノウオ(幼魚)、グリーンブリトルスター、ソメンヤドカリ、カイカムリ、ミナミトビハゼ、ヨダレカケ、マモンツキテンジクザメ、ヘコアユ、ハリセンボン、ヒラメ、モクズショイ、アメリカカブトガニ、ハナオコゼ、ナベカ、ハダカハオコゼ、モンハナシャコ、フリソデエビ、ブラックスポットジョーフィッシュ、メガネカラッパ、ニシキテッポウエビ、ピンクバーゴビー、バンディトジョーフィッシュ、オジサン、ミズタマハゼ、エメラルドパファー、マミズフグ、アカエイ、テッポウウオ、イシガキフグ、ケショウフグ、ホンソメワケベラ、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)、ブラックゴーストナイフフィッシュ、ドジョウ、ミナミメダカ、ヤリタナゴ、ソウシハギ、コンビクトブレニー、フタスジタマガシラ、ボラ、ジーベンロックナガクビガメ、チョウチョウコショウダイ、ブロンズパッファー、ブルージェリーフィッシュ、フライシュマンアマガエルモドキ、オイランヨウジ、クロウミウマ、トゲヨウジ、ヒゲハギ、エボシカメレオン、シモフリタナバタウオ、ハナビラウツボ、コケガエル、ヤエヤマツダナナフシ、ハナカマキリ、オニダルマオコゼ、タテジマキンチャクダイ(幼魚)、フトアゴヒゲトカゲ、ホワイトタイガー(ベンガルトラ)、コームスケールレインボー、ソウギョ、シザーテールラスボラ、ポリプテルス・オルナティピンニス、メティニス、イリエワニミニカバ(コビトカバ)、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメ、コツメカワウソ、アメリカビーバー、カピバラワオキツネザル、アナホリフクロウ、インドクジャク、オウギバト、オシドリ、シロムネオオハシ、オニオオハシ、アカガシラエボシドリ、シャローエボシドリ、ギニアエボシドリ、リビングストンエボシドリ、モモイロペリカン、ケープペンギンチンアナゴなど
※太字はニフレルで人気の生物及び水族館・動物園で人気の生物です。

カフェ

館内2Fに「ピクニックカフェ EAT EAT EAT」があります。ピクニック気分を味わえるグリーンの多い開放的なカフェで、ハンバーガーやドリンク、ソフトクリームなどの軽食を販売しています。数量限定の”食べる水”が人気のメニューです。

ショップ

出口に「ミュージアムショップ NIFREL×NIFREL」があります。ホワイトタイガーの大きなぬいぐるみが出迎える店内には、ニフレルで人気の動物たちのオリジナルぬいぐるみやお菓子、雑貨など様々なグッズが並んでいます。オリジナルのガチャガチャも充実していて人気です。ニフレルへ入館しなくても、ショップのみ利用することができます。

オンラインショップ

NIFREL ONLINE SHOP

アクセス

電車
大阪モノレール「万博記念公園」駅からすぐ

バス
無料シャトルバス(2021/3/31までの平日限定):JR千里丘駅前、阪急北千里駅前、阪急南千里駅前からEXPOCITYまで運行
直行バス(土日祝限定):阪急大阪梅田駅からEXPOCITYまで運行

駐車場

提携駐車場あり(EXPOCITY駐車場)
※ニフレルへの入館で2時間無料。平日・土曜日は2時間無料のため、合計4時間無料です。

住所

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
TEL:0570-022060

公式サイト

ニフレル(NIFREL)
https://www.nifrel.jp/

LATEST ARTICLES

迫力ある東北サファリパークを楽しもう!

福島県二本松市にある東北サファリパークでは、野生の動物たちを専用車に乗りながら間近で見られます。ライオンやホワイトタイガーなど、美しく凛々しい動物たちの野性味あふれる姿を堪能できる場所です。それ以外...

各地の動物園・水族館で名物料理を楽しもう!

全国の動物園・水族館には、園内(館内)のお食事処で珍しく美味しい料理をふるまっているスポットがあります。動物たちとの出会いやふれあいを思う存分楽しみ、名物料理に舌鼓を打つのも動物園・水族館の醍醐味で...

「散歩がてらにクモザルに会いに行こう」~江戸川区自然動物園取材レポート

江戸川区自然動物園は、「公園に触れ合える動物をおいてほしい」という区民の提案から始まった、誰でも無料で楽しめる動物園です。 ペンギンをはじめ、プレーリードッグやアシカの仲間のオタリア、ワラビー...

NHK Eテレ『ウチのどうぶつえん』を観て動物園の裏側を知ろう

NHK Eテレにて、『ウチのどうぶつえん』という番組が放映されています。普段は見ることのできない、動物園の裏側に密着した番組です。動物たちの姿に癒されるうえに、意外な発見もできる動物園好きにはたまら...

夜のサンシャイン水族館「終わりは始まり展 〜生き物たちの終焉〜」開催

サンシャイン水族館(東京都豊島区)では、2022年9月30日(金)~12月18日(日)まで、夜間特別営業として企画展「終わりは始まり展~生き物たちの終焉~」を開催する。コンセプトは、生き物た...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR