15.6 C
Tokyo
ホームINFOニフレル(NIFREL)|...

ニフレル(NIFREL)|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ニフレル(NIFREL)は、大阪府吹田市の万博公園内に2015年に開館したミュージアム。複合商業施設「EXPOCITY」に属しており、「EXPOCITY」のオープンと共に開館しました。大阪ベイエリアにある水族館”海遊館”がプロデュース及び管理運営し、「生きているミュージアム」をコンセプトに、従来の水族館、動物園、美術館などの垣根を超えた、「感性にふれる」生物の展示を行っています。魚類や水辺の生物以外の展示もしており、ホワイトタイガー、コビトカバ(ミニカバ)、イリエワニ、ワオキツネザルなどの生き生きとした展示が見どころです。

営業時間

10:00〜18:00(最終入館17:00)
※状況により営業時間を変更する場合あり
※定休日なし(状況により臨時休館する場合あり)

入館チケット

料金

大人
(高校生、16歳以上)
こども
(小・中学生)
幼児
(3歳以上)
2,000円 1,000円 600円
障がい者割引

障がい者手帳などをお持ちをお持ちの方 – 本人と介助者(1名)は各種手帳の提示で半額

購入方法

ニフレル窓口の他、WEBで事前購入できる前売り券があります。

WEB前売り券
Webket|ニフレル

<ニフレル窓口での決済方法>
現金、クレジットカード

年間パスポート

年度毎に期間限定で発行している「ニフレルパス」があります。有効期限は年度末(3月末)です。種類は「通年型ニフレルパス」と「平日限定型ニフレルパス」の2種類です。「ニフレルパス」の提示で、同行者5名まで入館料100円割引や、ニフレル内のカフェ・ショップの割引などのお得な特典を受けられます。

飼育動物

アカシマシラヒゲエビ、シロボシアカモエビ、キイロサンゴハゼ、ルリスズメダイ、デバスズメダイ、アデヤカキンコ、ナンヨウハギ、アカネハナゴイ、オシャレハナダイ、プテラポゴン・カウデルニィ、テングハコフグ、ミナミハコフグ、バイカラードッティーバック、カクレクマノミ、ヒメハナギンチャク、モンガラカワハギ、スポッテッドマンダリン、ニシキテグリ、クサビベラ、マダコ、メガネモチノウオ(幼魚)、グリーンブリトルスター、ソメンヤドカリ、カイカムリ、ミナミトビハゼ、ヨダレカケ、マモンツキテンジクザメ、ヘコアユ、ハリセンボン、ヒラメ、モクズショイ、アメリカカブトガニ、ハナオコゼ、ナベカ、ハダカハオコゼ、モンハナシャコ、フリソデエビ、ブラックスポットジョーフィッシュ、メガネカラッパ、ニシキテッポウエビ、ピンクバーゴビー、バンディトジョーフィッシュ、オジサン、ミズタマハゼ、エメラルドパファー、マミズフグ、アカエイ、テッポウウオ、イシガキフグ、ケショウフグ、ホンソメワケベラ、メガネモチノウオ(ナポレオンフィッシュ)、ブラックゴーストナイフフィッシュ、ドジョウ、ミナミメダカ、ヤリタナゴ、ソウシハギ、コンビクトブレニー、フタスジタマガシラ、ボラ、ジーベンロックナガクビガメ、チョウチョウコショウダイ、ブロンズパッファー、ブルージェリーフィッシュ、フライシュマンアマガエルモドキ、オイランヨウジ、クロウミウマ、トゲヨウジ、ヒゲハギ、エボシカメレオン、シモフリタナバタウオ、ハナビラウツボ、コケガエル、ヤエヤマツダナナフシ、ハナカマキリ、オニダルマオコゼ、タテジマキンチャクダイ(幼魚)、フトアゴヒゲトカゲ、ホワイトタイガー(ベンガルトラ)、コームスケールレインボー、ソウギョ、シザーテールラスボラ、ポリプテルス・オルナティピンニス、メティニス、イリエワニミニカバ(コビトカバ)、アルダブラゾウガメ、ケヅメリクガメ、コツメカワウソ、アメリカビーバー、カピバラワオキツネザル、アナホリフクロウ、インドクジャク、オウギバト、オシドリ、シロムネオオハシ、オニオオハシ、アカガシラエボシドリ、シャローエボシドリ、ギニアエボシドリ、リビングストンエボシドリ、モモイロペリカン、ケープペンギンチンアナゴなど
※太字はニフレルで人気の生物及び水族館・動物園で人気の生物です。

カフェ

館内2Fに「ピクニックカフェ EAT EAT EAT」があります。ピクニック気分を味わえるグリーンの多い開放的なカフェで、ハンバーガーやドリンク、ソフトクリームなどの軽食を販売しています。数量限定の”食べる水”が人気のメニューです。

ショップ

出口に「ミュージアムショップ NIFREL×NIFREL」があります。ホワイトタイガーの大きなぬいぐるみが出迎える店内には、ニフレルで人気の動物たちのオリジナルぬいぐるみやお菓子、雑貨など様々なグッズが並んでいます。オリジナルのガチャガチャも充実していて人気です。ニフレルへ入館しなくても、ショップのみ利用することができます。

オンラインショップ

NIFREL ONLINE SHOP

アクセス

電車
大阪モノレール「万博記念公園」駅からすぐ

バス
無料シャトルバス(2021/3/31までの平日限定):JR千里丘駅前、阪急北千里駅前、阪急南千里駅前からEXPOCITYまで運行
直行バス(土日祝限定):阪急大阪梅田駅からEXPOCITYまで運行

駐車場

提携駐車場あり(EXPOCITY駐車場)
※ニフレルへの入館で2時間無料。平日・土曜日は2時間無料のため、合計4時間無料です。

住所

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
TEL:0570-022060

公式サイト

ニフレル(NIFREL)
https://www.nifrel.jp/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR