23 C
Tokyo
ホームNEWS自然の海の水族館『うみファ...

自然の海の水族館『うみファーム』7/10リニューアルオープン!@横浜・八景島シーパラダイス

横浜・八景島シーパラダイス『うみファーム』リニューアル

横浜・八景島シーパラダイス(神奈川県横浜市)は、2021年7月10日(土)、自然の海の水族館『うみファーム』をリニューアルオープンする。

『うみファーム』は自然の海を舞台に、海の環境や生きものたちを「観る」「知る」「獲る」「食べる」ことを通じ、海の環境を身近に感じ考えるための“海育”をコンセプトとしている水族館。魚釣りやビオトープが楽しめる「フィッシャーマンズオアシス」、四季を通じて変化する自然の海の様子や海藻に集まる生きものの生態を観察することができる「オーシャンラボ」からなる。

<リニューアル内容>
今回のリニューアルではエントランスを視認性が高いデザインに変更し、“橋を渡って行ってみたくなる海の上の水族館”を演出。又、“海育”について伝えるガイダンスルームのデザインを、小さな子供にも興味を持ってもらえるよう、海の中にワープしていくような演出にする。

「フィッシャーマンズオアシス」では、子供が波打ち際の生態系を遊びながら学ぶことができ、家族でくつろげる「マリンビオトープ」や、近海の漁港直送の新鮮な魚介類を販売する「おさかなマルシェ」を新設。

「オーシャンラボ」では、スタッフによる海や生きものについて学べるガイドツアー「東京湾ワンダーウォッチャーズ」を実施。子供から大人まで、楽しみながら海の環境と生きものについて学べる新たなエデュテインメント施設へと進化する。

『うみファーム』のリニューアルに合わせ、海を臨む軽飲食店舗「ドルフィン」がワッフル&クラフトビール店に生まれ変わる。マリンテイストな外観の店舗で、気軽に食べ歩きできるチョコやストロベリーなどのワッフルや、地元小柴産レモン使用のシーパラオリジナル「八景島ハニーレモンエール」(発泡酒)などを販売する。

横浜・八景島シーパラダイス『うみファーム』リニューアル

※今後の状況により、酒類の販売を中止する場合あり。
※リニューアルに伴い、軽飲食店舗「ドルフィン」、水族館「うみファーム」、「からっとキッチン」は現在休業中。

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR