6.2 C
Tokyo
ホームEVENT企画展「ニホンカワウソを巡...

企画展「ニホンカワウソを巡る」開催@四国水族館

四国水族館 ニホンカワウソを巡る

四国水族館(香川県)では、2022年10月7日(金)~11月30日(水)まで、企画展「ニホンカワウソを巡る」を開催する。

ニホンカワウソは高知県で1979年に目撃されてからその姿を見せておらず、2012年に環境省のレッドリストに「絶滅」として掲載。

絶滅と判断された経緯や、人の暮らしとの関わりについて、飼育スタッフによるイラストを用いた解説パネルで紹介する他、飼育スタッフがニホンカワウソの最後の目撃地などを訪問し撮影した映像を上映する。

館内コツメカワウソ展示エリアでは、絶滅の危機が迫るコツメカワウソの現状を紹介。ミュージアムショップではカワウソ関連商品の特設コーナーを設置する。

ニホンカワウソが絶滅種に指定されてから10年という節目の年に、カワウソという野生動物の未来について考えられる企画展となっている。

四国水族館 基本情報
所在地:香川県綾歌郡宇多津町浜一番丁4
営業時間:9:00~18:00 ※最終入館は17:30
入館料:大人(高校生・16歳以上)2,200円、小中学生1,200円、幼児(3歳以上)600円、3歳未満無料
TEL:0877-49-4590
https://shikoku-aquarium.jp/

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR