28.2 C
Tokyo
ホームNEWS神戸市立須磨海浜水族園 3...

神戸市立須磨海浜水族園 3月1日(月)より本館のみの営業に変更

オオサンショウウオ(神戸市立須磨海浜水族園)

神戸市立須磨海浜水族園は、須磨海浜公園の再整備事業に伴う園内工事のため、3月1日(月)より本館のみの営業に変更いたします。
1957年に須磨水族館として開業し、1987年には須磨海浜水族園として竣工、その後もイルカライブ館のオープンなど、長きに渡り地域の皆様やファンの皆様に支えられてきました。展示規模を縮小しての営業となる3月以降も変わらず、須磨海浜水族園をお楽しみいただけるよう、本館2階での淡水魚の展示開始や、3階には「ペンギン広場」、スマスイの歴史を学べる「スマスイミュージアム」新設など、スマスイの魅力を詰め込んで本館営業を続けてまいります。
なお、2月28日(日)まで「みんなの思い出メッセージボード」も本館1階大水槽前にご用意しております。2月中にスマスイにお越しの際は、ぜひご参加ください。

本館内の展示について

(1)本館2階にてオオサンショウウオを含む淡水の生きものを展示。現在別館にいる生きものから、希少な日本固有種や、世界の淡水魚などを展示予定。

(2)本館3階「水辺のふれあい遊園」にて「ペンギン広場」をオープン。マゼランペンギンをペンギン館より移動。

ペンギン広場(神戸市立須磨海浜水族園)

(3)本館3階の悠ちゃんコスモスを「スマスイミュージアム」として改装し、スマスイの歴史を学べる「アーカイブコレクション」を新設。

スマスイミュージアム_イメージ(神戸市立須磨海浜水族園)
スマスイミュージアム(イメージ)

入園料金改定について

2021年3月1日(月)より正規入園料が変更となります。
・正規入園料:
 大人  1,300円 → 700円
 中人  800円 → 400円
 小人  500円 → 300円

・年間パスポート:大人 1,800円 / 中人 1,200円 / 小人  700円
※大人(18歳以上)、中人(15歳~17歳)、小人(小・中学生)、未就学児は無料。
※上記の価格は全て税込み価格。

みんなの思い出メッセージボードについて

2月22日(月)より期間限定で、スマスイの思い出を書いていただけるメッセージボードが登場。ご来園の方は自由にメッセージを書いてご参加いただけます。完成したメッセージボードは3月以降、本館内にて展示を予定しております。

・場所:本館1階 大水槽前
・期間:2021年2月22日(月)~2月28日(日)まで
※記入用紙は数に限りがございます。用紙が無くなり次第終了とさせていただきます。

※当園では、新型コロナウイルス感染防止の取り組みを徹底して営業をしております。ご入園の際はマスクの着用、検温、手指の消毒にご協力をお願いいたします。
※社会情勢等の変化に伴い、上記内容を変更させていただく場合がございます。

神戸市立須磨海浜水族園 概要

「スマスイ」の愛称で親しまれている須磨海浜水族園は、サメやエイなどが悠々と泳ぐ「波の大水槽」やアマゾンの生きものを観察できる「アマゾン館」など、様々な展示手法で生きものたちの生態を学ぶことができます。さらに、バンドウイルカたちの優れた身体能力を体感できる「イルカライブ」や、ペンギンたちを間近に観察できる「ペンギンのお散歩ライブ」、生きものたちとのつながりを身近に感じていただける「ふれあいプログラム」等のアトラクションも充実。また、生きものや環境について学ぶことのできる学習プログラムの提供や園内外における調査研究活動等にも力を入れています。
※神戸市立須磨海浜水族園は、グランビスタ ホテル&リゾートのグループ施設です。

名称 : 神戸市立須磨海浜水族園
所在地 :〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5
TEL : 078-731-7301
開園 : 1987年
URL : https://kobe-sumasui.jp/


情報配信元:株式会社グランビスタ ホテル&リゾート (神戸市立須磨海浜水族園を指定管理者として運営)

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR