26.8 C
Tokyo
ホームEVENT神戸市立須磨海浜水族園 企...

神戸市立須磨海浜水族園 企画展 『瀬戸内海のハンターたち~彼らが生きる豊かな海とは~』開催中

企画展 『瀬戸内海のハンターたち~彼らが生きる豊かな海とは~』(神戸市立須磨海浜水族園)
瀬戸内海で捕獲されたホホジロザメの剥製

神戸市立須磨海浜水族園では、豊かな海を考える企画展「瀬戸内海のハンターたち〜彼らが生きる豊かな海とは〜」を、3月25日(木)まで開催中です。
瀬戸内海のハンターとはいったい何者なのか。今回の企画展では、代表的な瀬戸内海のハンターを紹介いたします。彼らが生きていくには生きものが多く生息する豊かな環境が必要ですが、今は豊かさが失われつつあり、このままでは彼らが生きていくことは難しくなるかもしれません。本企画展を通じて今の瀬戸内海で起きている問題を学び、海への関心をさらに深めてみてはいかがでしょうか。

1.展示期間
2021年2月6日(土)〜3月25日(木)

2.展示場所
本館2階 企画展ブース

3.展示物
・解説パネル(瀬戸内海のハンター生物紹介や、環境問題など)
・瀬戸内海で捕獲されたホホジロザメの剥製(本館エントランス)
・生体展示 生態系を支える小型魚類・甲殻類

4.配布物
・解説小冊子「見タコとあるかな?もっと知りタイ!!ひょうごの海」
・アンケート … 回答いただきました先着2,500名様にノベルティーグッズをプレゼント

5.共催
ひょうご豊かな海発信プロジェクト協議会

※展示生物の状態により、予告なく展示の変更や中止する場合があります。
※社会情勢などの変化に伴い、上記内容を変更させて頂く場合があります。

神戸市立須磨海浜水族園 概要

「スマスイ」の愛称で親しまれている須磨海浜水族園は、サメやエイなどが悠々と泳ぐ「波の大水槽」やアマゾンの生きものを観察できる「アマゾン館」など、様々な展示手法で生きものたちの生態を学ぶことができます。さらに、バンドウイルカたちの優れた身体能力を体感できる「イルカライブ」や、ペンギンたちを間近に観察できる「ペンギンのお散歩ライブ」、生きものたちとのつながりを身近に感じていただける「ふれあいプログラム」等のアトラクションも充実。また、生きものや環境について学ぶことのできる学習プログラムの提供や園内外における調査研究活動等にも力を入れています。
※神戸市立須磨海浜水族園は、グランビスタ ホテル&リゾートのグループ施設です。

名称 : 神戸市立須磨海浜水族園
所在地 :〒654-0049 兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5
TEL : 078-731-7301
開園 : 1987年
URL : https://kobe-sumasui.jp/


情報配信元:株式会社グランビスタ ホテル&リゾート (神戸市立須磨海浜水族園を指定管理者として運営)

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR