5.2 C
Tokyo
ホームEVENT企画展「カタチとくらし」開...

企画展「カタチとくらし」開催4/16〜7/18@すみだ水族館

すみだ水族館では、2021年4月16日(金)〜7月18日(日)まで、いきものの「カタチ(姿)」と「くらし(棲み処)」をデザインし展示する企画展「カタチとくらし」を開催します。本企画展は、昨年に次いで2回目の開催です。

企画展「カタチとくらし」_すみだ水族館
「ぐるぐるの家」×ビッグベリーシーホース
企画展「カタチとくらし」_すみだ水族館
「だんだんの家」×スザクサラサエビ

企画展「カタチとくらし」展示概要

飼育スタッフが監修し、小さないきものの姿形や習性にちなんでデザインした企画展示です。それぞれのいきものの生態の特徴を観察できる棲み処を表現しています。
展示期間:2021年4月16日(金)〜2021年7月18日(日)
展示場所:6階 テラススペース
展示内容:
①「しましまの家」×ミスジリュウキュウスズメダイ
②「とげとげの家」×ヘコアユ
③「あなあなの家」×ナベカ
④「だんだんの家」×スザクサラサエビ
⑤「ぐるぐるの家」×ビッグベリーシーホース
⑥「にょきにょきの家」×クダゴンベ
後援:墨田区教育委員会

企画展「カタチとくらし」_すみだ水族館
左:「ぐるぐるの家」×ビッグベリーシーホース 右:「にょきにょきの家」×クダゴンベ
企画展「カタチとくらし」_すみだ水族館
「あなあなの家」×ナベカ

大きな水槽の中では気づきにくい、小さないきものたちの「カタチ(姿)」と「くらし(棲み処)」の関係性を表現し、いきもののことをより知ることで、いきものをより身近に感じて欲しいという想いが込められた企画展です。
ミスジリュウキュウスズメダイやビッグベリーシーホースなど、個性豊かで小さないきものたちを、飼育スタッフ監修の6つの水槽展示で観ることができます。いきものの体の形や色、模様は、住んでいる場所やその習性などに基づいています。いきものたちの「カタチ」の由来がわかる「くらし」の特徴を、「ぐるぐるの家」「だんだんの家」などテーマを設けた独創的なデザインで表現しています。

例えば、海の浅瀬などで暮らすナベカは、フジツボやオオヘビガイの貝殻などを巣穴にする習性があり、小さな穴にも後ろ向きのまま収まります。そのナベカの習性や特徴をわかりやすくご覧いただけるようデザインしたのが「あなあなの家」です。丘のようなデザインは、危険が迫るとすぐに穴に入れるよう、お腹を地面につけながら泳ぐナベカたちが移動しやすい設計にしています。また、細長い体にぴったりとフィットする穴を好むため、大小さまざまな大きさの穴を用意。海や川に暮らしているいきものたちの「カタチ」が、彼らの「くらし」にどのように由来しているのか、想像を巡らせながら観ることができます。

すみだ水族館のコンセプトである「近づくと、もっと好きになる。」を体現した展示となっています。

<備考>「空間デザイン賞2020」において金賞を受賞
2020年1月31日〜2月29日、6月15日〜7月14日に開催した同企画展「カタチとくらし」は、「日本空間デザイン賞2020※1」および「第54回日本サインデザイン賞※2」において、デザイナーの藤井 北斗氏とともにそれぞれ『金賞』を受賞しました。
「日本空間デザイン賞」は、日本で唯一かつ最大の空間アワードで、空間デザインの新しい価値を導き出し、日本から優れたデザインを世界に発信することを目的としています。ショップ空間や博物館・文化空間といった11のカテゴリーで金賞・銀賞・銅賞が選定される中、「エキシビジョン、プロモーション空間」カテゴリーで『金賞』を受賞しました。
また、「第54回日本サインデザイン賞」では、応募作品数315点の中から『金賞』に選ばれるとともに、『日本サインデザイン招待審査員賞』を受賞しました。
※1 一般社団法人日本空間デザイン協会と一般社団法人日本商環境デザイン協会が共同主催し、国内外の優秀なデザイナーや、卓越したデザイン作品を発掘し、評価をすることを目的とする日本で唯一かつ最大の空間アワード。
※2 公益社団法人日本サインデザイン協会が主催する、優れたサインデザイン作品を広く社会に伝え、サインデザインの普及および啓発をはかることを目的として、1966年以来続けられてきたわが国で唯一のサインデザインに関する顕彰事業。

すみだ水族館

住所:〒131-0045 東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F

関連記事

LATEST ARTICLES

動物とお話も?こどもと一緒に動物体験【智光山公園こども動物園】

動物園に訪れるこどもたちの楽しみといえば、動物とのふれあいではないでしょうか?わが家でも「エサをあげたい」と必ずリクエストが入ります。動物園に到着したら、まずは動物とふれあいのできる場所に向かうのが...

こども大興奮!コツメカワウソのむしゃむしゃタイム【智光山公園こども動物園】

かわいらしい仕草や動き、表情で見る人をたちまち癒してしまうカワウソ。近年、SNSやメディアをきっかけにブームとなり、触れ合うことのできるカフェもオープンするなど人気が止まりませんね。 ...

【愛らしい】上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」には”世界最古のネコや”ウサギみたいなブ...

上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」 ▼前回の記事はこちらhttps://dobutsubiyori.com/topic20230120/ 前回の記事では、上野動物園の隠れ人気スポット...

秘訣は「観察」魚たちの健康管理

水族館や動物園で飼育されている生きものたちは、人と同じように毎日元気でずっと健康、というわけではありません。体調が悪ければお休みをして、薬が必要になることもあります。そういった裏での健康管理...

都市型水族館『AOAO SAPPORO』 展示「ネイチャーアクアリウム」導入を決定

2023年夏開業予定の都市型水族館『AOAO SAPPORO』(北海道札幌市)は、主要な展示のひとつとして「ネイチャーアクアリウム」の導入を決定した。 東京(東京スカイツリータウン®内・すみだ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR