15.6 C
Tokyo
ホームREPORT越前松島水族館にて最高のツ...

越前松島水族館にて最高のツーショットを撮ろう!ポーズがとっても上手なイルカ,サフィちゃん

たくさんの生き物と触れ合える!越前松島水族館

福井県坂井市にある,見て・触れて・楽しく学べる,体験・体感型の水族館。イルカショーやペンギンの散歩などの楽しいアトラクションの他,サメや巨大なタコ・ドクターフィッシュなどに触れたり,ウミガメや海の魚に餌を与えることができます。また,水面がガラス張りの珊瑚礁水槽の上を歩けたり,水中トンネルのある「ペンギン館」も大好評です。アザラシやカワウソ、マンボウも展示しています。

(福井県公式観光サイト「ふくいドットコム」より:https://www.fuku-e.com/spot/detail_1459.html

バンドウイルカ「サフィ」とツーショット

「イルカプール」には,1頭のバンドウイルカ「サフィ」が展示されています。サフィはイルカショーにも出演しているイルカで,イルカプールではショー以外の時間をどんな風に過ごしているのか,見ることができます。

サフィとは,なんとツーショットを撮ることができます!これからそのちょっとしたコツを,実際にサフィちゃんに会いに行ってみた様子とあわせてお届けします。
 

ツーショットの極意① ガラス窓に行くべし!

館内マップ(越前松島水族館公式ホームページよりhttps://www.echizen-aquarium.com/floor-guide/

サフィとのツーショットが撮れる場所は,イルカプールの「ガラス窓」。券売所でもらえる館内マップを見て,ガラス窓がある場所に向かいましょう!イルカショーのプールにはたくさんの人が集まっていましたが,このガラス窓は少し奥にあるため,知る人ぞ知るスポットかも…?
 

ツーショットの極意② 角度を研究するべし!

角度研究中。サフィはこちらに興味津々。じっと見つめられて少し照れちゃいます。

ガラス窓を覗くと,サフィが泳いでいます。サフィがこちらを見つめているすきに,ツーショットの角度を決めておきましょう!縦で撮る?横で撮る?サフィがきれいに写る角度は?サフィもきっと「角度研究」に付き合ってくれますよ。
 

ツーショットの極意③ 飼育員さんにアドバイスをもらうべし

サフィを呼ぶ飼育員さん

サフィが遠くにいるときは,びっくりさせないように手を振ったりして呼んでみましょう。そして運が良ければ,近くを歩いている飼育員さんを見つけることができるので,ツーショットのポイントを聞いてみましょう。こちらの飼育員さんは,「一度興味を持ってくれるとしばらくそこにいてくれるので,いかに興味を持ってもらえるかがポイント!でも人が好きなので,99パーセントこちらに来てくれますよ。」とアドバイスをくれました。たしかに角度を研究しているとき,ずーっと見つめられていましたね…(照)

そして一度呼吸をしに水面に戻ったサフィを飼育員さんが呼ぶと,すぐに来てくれました。サフィはとても人懐っこいイルカですね。
 

ツーショットの極意④ イルカの表情を観察すべし

サフィがこちらに来てくれました。

せっかくなので,近くに来てくれたサフィの隣に座って,じっくり観察してみましょう。バンドウイルカの体色は灰色や青灰色,暗灰色などで,背は少し暗く,体側は淡くて腹側は白いのが特徴です(※)。サフィはさらに,お顔の模様が特徴的です。目からくちばしにかけて,星型の模様があります。とっても綺麗で可愛い!アイドルのようなイルカですね。

顔の星型模様がキュート☆
きりっと笑顔?のサフィ

そしてサフィは,表情がとっても豊かです。歯を見せたり,お気に入りのボールを持ってきて見せてくれることもあります。サフィの笑顔?を見ることができるのは,隣に座った人だけの特権です♪ツーショットを撮る前に,そのキュートな表情をしっかり目に焼き付けましょう!

(※「動物図鑑」より:https://pz-garden.stardust31.com/kansi-yokusyu-kuzira-moku/bando-iruka.html#:~:text=%E5%8F%A3%E3%81%AF%E7%AA%81%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%A6,%E4%BD%93%E3%81%AE%E8%84%82%E8%82%AA%E3%82%82%E5%B0%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%82
 

撮影できたツーショットは…

「角度研究」がまだまだ足りなかったか…⁉

こちらが実際に撮影したツーショット。サフィちゃんは撮影の直前に恥ずかしくなったのか,後ろに隠れてきました。そんなサフィちゃんもまた,キュート!大満足のショットを撮影できました。
ガラス窓は大きいので,家族やカップルで記念写真だって撮れちゃいますよ。

可愛いイルカをこんなに近くで観察できて,ツーショットが撮れるのは越前松島水族館だけ!ぜひ足を運んでみてください。

サフィちゃんはイルカショーにも出演しているので,そちらも必見ですよ!

サフィちゃん,ご協力ありがとう♪

飼育員さんの飼育日記もチェック!

越前松島水族館の公式サイトでは,飼育員さんの飼育日記を見ることができます。写真がたくさん掲載されていて,楽しみながら読むことができます♪

▼詳しくは公式サイトをチェック!
http://echizen-aquarium.cocolog-nifty.com/blog/cat53650760/index.html

文章・画像/名月子店(めいげつこてん)

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR