6.2 C
Tokyo
ホームNEWS世界最高齢ハシビロコウ「ビ...

世界最高齢ハシビロコウ「ビル」 剥製標本として展示@伊豆シャボテン動物公園

ハシビロコウ「ビル」剥製標本へ(伊豆シャボテン動物公園)

伊豆シャボテン動物公園では、2021年4月28日(水)より、世界最高齢の長寿で長老として親しまれたハシビロコウ「ビル」の剥製標本を、長年暮らした“故郷”「バードパラダイス」内に設置中の献花コーナーに展示します。展示開始日は、「ビル」の来園40周年にあたる記念日です。

ハシビロコウ「ビル」について

世界最高齢(推定年齢50歳以上)のハシビロコウとして親しまれ、2020年8月6日(木)に老衰のため永眠。

1971年スーダンのハルツーム動物園より来日、一般財団法人進化生物学研究所にて10年間飼育されたのち、1981年4月にメス「シュー」と番(つがい)のオスとして来園しました(死後に行われた解剖の結果、性別はメスであると確定)。

その後39年もの長い間「バードパラダイス」内でのんびりと暮らし、世界でも類を見ない“ご長寿”ハシビロコウとして昨年の夏に天寿を全うしました。

ハシビロコウ「ビル」伊豆シャボテン動物公園
2010年バードパラダイス

絶滅危惧種であり世界の飼育頭数が40〜50羽といわれるハシビロコウは、剥製および骨格標本も大変貴重で研究・教育的価値があります。このため「ビル」の亡骸は、剥製標本として伊豆シャボテン動物公園にて収蔵・展示され、また骨格標本は進化生物学研究所に収蔵されることとなりました。

ハシビロコウという種の研究への貢献や、「見る」体験学習による知的好奇心の喚起など、「ビル」が半永久的にその存在を留めることにより後世に残す影響は計り知れません。来園時には「ビル」とじっくりと向き合い、往年の姿を偲ぶとともに、ハシビロコウと彼らが置かれている自然環境にも思いを馳せてください。

ハシビロコウ「ビル」献花台 伊豆シャボテン動物公園
2020年8月献花台

伊豆シャボテン動物公園

住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
公式サイト:https://izushaboten.com/

▼お得なWEBチケットあり
【最大300円割引】伊豆シャボテン動物公園 WEBチケット|アソビュー!

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR