6 C
Tokyo
ホームNEWS世界最高齢ハシビロコウ「ビ...

世界最高齢ハシビロコウ「ビル」 剥製標本として展示@伊豆シャボテン動物公園

ハシビロコウ「ビル」剥製標本へ(伊豆シャボテン動物公園)

伊豆シャボテン動物公園では、2021年4月28日(水)より、世界最高齢の長寿で長老として親しまれたハシビロコウ「ビル」の剥製標本を、長年暮らした“故郷”「バードパラダイス」内に設置中の献花コーナーに展示します。展示開始日は、「ビル」の来園40周年にあたる記念日です。

ハシビロコウ「ビル」について

世界最高齢(推定年齢50歳以上)のハシビロコウとして親しまれ、2020年8月6日(木)に老衰のため永眠。

1971年スーダンのハルツーム動物園より来日、一般財団法人進化生物学研究所にて10年間飼育されたのち、1981年4月にメス「シュー」と番(つがい)のオスとして来園しました(死後に行われた解剖の結果、性別はメスであると確定)。

その後39年もの長い間「バードパラダイス」内でのんびりと暮らし、世界でも類を見ない“ご長寿”ハシビロコウとして昨年の夏に天寿を全うしました。

ハシビロコウ「ビル」伊豆シャボテン動物公園
2010年バードパラダイス

絶滅危惧種であり世界の飼育頭数が40〜50羽といわれるハシビロコウは、剥製および骨格標本も大変貴重で研究・教育的価値があります。このため「ビル」の亡骸は、剥製標本として伊豆シャボテン動物公園にて収蔵・展示され、また骨格標本は進化生物学研究所に収蔵されることとなりました。

ハシビロコウという種の研究への貢献や、「見る」体験学習による知的好奇心の喚起など、「ビル」が半永久的にその存在を留めることにより後世に残す影響は計り知れません。来園時には「ビル」とじっくりと向き合い、往年の姿を偲ぶとともに、ハシビロコウと彼らが置かれている自然環境にも思いを馳せてください。

ハシビロコウ「ビル」献花台 伊豆シャボテン動物公園
2020年8月献花台

伊豆シャボテン動物公園

住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-13
公式サイト:https://izushaboten.com/

▼お得なWEBチケットあり
【最大300円割引】伊豆シャボテン動物公園 WEBチケット|アソビュー!

関連記事

LATEST ARTICLES

動物とお話も?こどもと一緒に動物体験【智光山公園こども動物園】

動物園に訪れるこどもたちの楽しみといえば、動物とのふれあいではないでしょうか?わが家でも「エサをあげたい」と必ずリクエストが入ります。動物園に到着したら、まずは動物とふれあいのできる場所に向かうのが...

こども大興奮!コツメカワウソのむしゃむしゃタイム【智光山公園こども動物園】

かわいらしい仕草や動き、表情で見る人をたちまち癒してしまうカワウソ。近年、SNSやメディアをきっかけにブームとなり、触れ合うことのできるカフェもオープンするなど人気が止まりませんね。 ...

【愛らしい】上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」には”世界最古のネコや”ウサギみたいなブ...

上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」 ▼前回の記事はこちらhttps://dobutsubiyori.com/topic20230120/ 前回の記事では、上野動物園の隠れ人気スポット...

秘訣は「観察」魚たちの健康管理

水族館や動物園で飼育されている生きものたちは、人と同じように毎日元気でずっと健康、というわけではありません。体調が悪ければお休みをして、薬が必要になることもあります。そういった裏での健康管理...

都市型水族館『AOAO SAPPORO』 展示「ネイチャーアクアリウム」導入を決定

2023年夏開業予定の都市型水族館『AOAO SAPPORO』(北海道札幌市)は、主要な展示のひとつとして「ネイチャーアクアリウム」の導入を決定した。 東京(東京スカイツリータウン®内・すみだ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR