28.7 C
Tokyo
ホーム INFO ネオパークオキナワ|基本情...

ネオパークオキナワ|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ホオジロカンムリヅル(ネオパークオキナワ)

ネオパークオキナワは、沖縄県名護市に1992年に開園した動植物公園。地域による生物の違いを体感できるよう、動植物を可能な限り地域毎に組み合わせて展示しています。日本最大のフライングケージでは、自由に飛び回る生き生きとした鳥類の姿を観察することができます。世界の希少な野生動物の保護及び繁殖を研究する「種保存研究センター」では、アオコブホウカンチョウなどの珍しい動物と出会うことができます。かつて沖縄を走っていた機関車を再現した、園内1.2kmを一周するガイド機関車「沖縄軽便鉄道」に乗車すると、より園内を楽しむことができます。名護市立の動植物公園で、名護自然動植物公園株式会社が管理運営しています。

営業時間

9:00〜17:30(最終入園17:00)

休園日
なし(年中無休)

入園チケット

料金

大人 子供
900円 500円

※上記は個人の通常料金です。団体(15名以上)に適用される割引料金があります。

購入方法

窓口での購入の他、WEBで事前購入できるお得な前売り券があります。

WEB前売り券

アソビュー|ネオパークオキナワ

年間パスポート

※情報なし(記事掲載時点)

飼育動物

アフリカクロトキ、アフリカトキコウ、アフリカハゲコウ、アフリカヘラサギ、アルダブラゾウガメ、イヌ(柴)、エミュー、オオサイチョウ、カピバラ、カブトホロホロチョウ、キンカジュークビワペッカリー、クロエリサケビドリ、コモンリスザル、シュバシコウ、ショウジョウトキ、シロビタイレムール、ジェフロイクモザル、ダチョウ、パルマワラビー、ヒクイドリ、ベニイロフラミンゴ、ベニヘラサギ、ホオジロカンムリヅル、モモイロペリカン、モルモット、ヤギ、ヨーロッパフラミンゴ、リャマ、リュウキュウヤマガメ、ワオレムール(ワオキツネザル)ナマケモノ、ピラルクなど
※太字はネオパークオキナワ内で人気のある動物及び動物園で人気のある動物です。

レストラン

園内にある「パーラーバオバブ」では、沖縄そば、カレー、アイスクリーム、かき氷などの軽食を販売しています。

ショップ

※情報なし(記事掲載時点)

アクセス


沖縄自動車道「許田IC」から約15分

バス
「那覇空港」から「名護バスターミナル」まで、<高速バス111番>及び<路線バス120番>に乗車。「名護バスターミナル」からタクシーで約10分

駐車場

無料駐車場あり(収容台数:533台)

住所

〒905-0012 沖縄県名護市名護4607-41
TEL:0980-52-6348

公式サイト

ネオパークオキナワ
https://www.neopark.co.jp/

関連記事

LATEST ARTICLES

各地の動物園・水族館で名物料理を楽しもう!

全国の動物園・水族館には、園内(館内)のお食事処で珍しく美味しい料理をふるまっているスポットがあります。動物たちとの出会いやふれあいを思う存分楽しみ、名物料理に舌鼓を打つのも動物園・水族館の醍醐味で...

「散歩がてらにクモザルに会いに行こう」~江戸川区自然動物園取材レポート

江戸川区自然動物園は、「公園に触れ合える動物をおいてほしい」という区民の提案から始まった、誰でも無料で楽しめる動物園です。 ペンギンをはじめ、プレーリードッグやアシカの仲間のオタリア、ワラビー...

NHK Eテレ『ウチのどうぶつえん』を観て動物園の裏側を知ろう

NHK Eテレにて、『ウチのどうぶつえん』という番組が放映されています。普段は見ることのできない、動物園の裏側に密着した番組です。動物たちの姿に癒されるうえに、意外な発見もできる動物園好きにはたまら...

夜のサンシャイン水族館「終わりは始まり展 〜生き物たちの終焉〜」開催

サンシャイン水族館(東京都豊島区)では、2022年9月30日(金)~12月18日(日)まで、夜間特別営業として企画展「終わりは始まり展~生き物たちの終焉~」を開催する。コンセプトは、生き物た...

バードショーを見るならこの動物園に行こう!

バードショーは、その名の通り鳥たちと飼育員さんの息の合った連携プレーが見られるダイナミックなイベントです。鳥本来のパワフルさと美しさを目の当たりにできて、非常に見応えがあります。鳥たちの華麗なパフォ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR