6 C
Tokyo
ホームEVENT横浜・八景島シーパラダイス...

横浜・八景島シーパラダイス 深海生物を見て、さわって、知って、味わう!「深海生物まつり」開催中

イベント「深海生物まつり」(横浜・八景島シーパラダイス)

横浜・八景島シーパラダイスでは、2020年12月19日(土)〜2021年4月4日(日)まで、深海生物を「見る」、「さわる」、「知る」、「味わう」ことができる、深海生物にフィーチャーしたイベント『深海生物まつり』を開催中です。

深海生物とは
水深200m以深に生息する生物のことを指します。海水温が下がる冬の時期は深海生物たちが浅海へとやってくるため、漁師さんの深海底引き網や刺し網といった漁法で捕獲される機会が増え、水族館に希少な深海生物が集まってきます。

『深海生物まつり』概要

関東の水族館では最大級となる50種500点以上の深海生物を展示。さらに、深海生物の生体にふれたり実際に食べることにより、より深海生物の体のつくりを知り、触感やにおい、味などを五感で体感できます。

関東最大級の深海生物展示
海水温が下がる冬の時期は深海生物たちが浅海へとやってくるため、漁師さんの深海底引き網や刺し網といった漁法で捕獲される機会が増え、水族館に希少な深海生物が集まります。小さなヤマトトックリウミグモから大きなタカアシガニまで幅広く、関東の水族館では最大級となる50種500点以上の深海生物を展示します。毎週新たな深海生物が捕獲されるため、ミツクリザメやラブカ、メンダコなどの希少な生物の生きた姿を見ることができるかもしれません。

深海生物にさわる
期間中ずっとオオグソクムシやタカアシガニなどの深海生物をさわることができる「深海生物タッチプール」、期間中13日間限定で深海底引き網や刺し網で漁獲された大量の深海生物にさわることができる「深海生物さわり放題イベント」を開催します。さわり放題イベントでは、ミツクリザメやラブカ、アンコウなど、大小さまざまなグロテスクな深海生物の触感、においや骨格など、リアルに感じることができます。

イベント「深海生物まつり」(横浜・八景島シーパラダイス)
イベント「深海生物まつり」(横浜・八景島シーパラダイス)

深海生物を味わう
タカアシガニとオオグソクムシを実際に食べることができるイベントを期間限定で開催します。うみファームで捕まえたタカアシガニを、バーベキューレストラン「Seafood & Grill YAKIYA」で自ら調理して食べることができます。硬い甲羅で覆われたオオグソクムシは、「からっとキッチン」でそのまま姿揚げにしてもらえます。軽飲食店舗「ドルフィン」では、数量限定でタカアシガニの身が入ったタカアシガニドッグも販売します。

イベント「深海生物まつり」(横浜・八景島シーパラダイス)

主催者

横浜・八景島シーパラダイス
公式サイト:http://www.seaparadise.co.jp/

関連記事

LATEST ARTICLES

動物とお話も?こどもと一緒に動物体験【智光山公園こども動物園】

動物園に訪れるこどもたちの楽しみといえば、動物とのふれあいではないでしょうか?わが家でも「エサをあげたい」と必ずリクエストが入ります。動物園に到着したら、まずは動物とふれあいのできる場所に向かうのが...

こども大興奮!コツメカワウソのむしゃむしゃタイム【智光山公園こども動物園】

かわいらしい仕草や動き、表情で見る人をたちまち癒してしまうカワウソ。近年、SNSやメディアをきっかけにブームとなり、触れ合うことのできるカフェもオープンするなど人気が止まりませんね。 ...

【愛らしい】上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」には”世界最古のネコや”ウサギみたいなブ...

上野動物園の隠れ人気スポット「小獣館」 ▼前回の記事はこちらhttps://dobutsubiyori.com/topic20230120/ 前回の記事では、上野動物園の隠れ人気スポット...

秘訣は「観察」魚たちの健康管理

水族館や動物園で飼育されている生きものたちは、人と同じように毎日元気でずっと健康、というわけではありません。体調が悪ければお休みをして、薬が必要になることもあります。そういった裏での健康管理...

都市型水族館『AOAO SAPPORO』 展示「ネイチャーアクアリウム」導入を決定

2023年夏開業予定の都市型水族館『AOAO SAPPORO』(北海道札幌市)は、主要な展示のひとつとして「ネイチャーアクアリウム」の導入を決定した。 東京(東京スカイツリータウン®内・すみだ...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR