18.7 C
Tokyo
ホームINFO井の頭自然文化園|基本情報...

井の頭自然文化園|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ニホンリス(井の頭自然文化園)

井の頭自然文化園は、東京都武蔵野市と三鷹市にまたがる井の頭恩賜公園内に1942年に開園した、東京都立の動物園。井の頭恩賜公園の約3分の1の面積をしめ、本園(動物園)では、主に哺乳類や鳥類を展示しています。分園(水生物園)には魚類や両生類を展示する「水生物館」がある他、水鳥の展示をしています。本園・分園あわせて170種を超える動物を飼育展示しており、中でも放し飼いのニホンリスと出会える「リスの小径」が見どころです。子供が楽しめる、ミニ遊園地「スポーツランド」や「モルモットふれあいコーナー」もあります。1954年から2016年に死亡するまで、アジアゾウ”はな子”を飼育展示していました。

営業時間

9:30~17:00(入園及び入園券・年間パスポートの販売は16:00迄)

休園日

月曜日(祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日)
年末年始(12月29日~翌年1月1日)
※月曜日に開園することもあり

入園チケット

料金

個人 一般 65歳以上 中学生 〜小学生/都内在住・在学の中学生
400円 200円 150円 無料
団体
20名以上
一般 65歳以上 中学生 〜小学生/都内在住・在学の中学生
320円 160円 120円 無料
身体障害者割引

身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、本人と付添(原則1名)が手帳の提示で無料になります。

購入方法

WEBやコンビニで事前購入できる前売り券はないため、動物園窓口での購入のみとなります。

<動物園窓口での決済方法>

現金の他、下記の支払いが可能です。
・クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、ディスカバー)
・電子マネー(Suica及び相互利用対象の交通系ICカード)
※園内では交通系ICカードのチャージには対応していません。

年間パスポート

購入日から1年間有効の年間パスポートがあります。

一般 65歳以上
1,600円 800円

飼育動物

ニホンリス、ツシマヤマネコ、フェネック、カピバラ、イノシシ、ヤクシカ、カモシカ、ミーアキャット、フンボルトペンギン、アカゲザル、ユーラシアカワウソなど

カフェ&ショップ

動物園(本園)の正門を入ってすぐ、ぬいぐるみや雑貨などのお土産とファーストフードを販売するフード&ギフトショップ「こもれび」があります。

アクセス

井の頭自然文化園には、動物園(本園)の入園口「正門」、水生物園(分園)の入園口「弁天門」「七井門」の3つの入園口があります。

電車
JR中央線・総武線、京王井の頭線の「吉祥寺駅」南口(公園口)から徒歩約10分

バス
小田急バス、京王バス「文化園前」下車すぐ
※吉祥寺行きのバスは停車しない時間帯あり。その場合は「万助橋」から徒歩約5分

駐車場

なし
井の頭恩賜公園有料駐車場タイムズ井の頭自然文化園周辺の時間貸駐車場などの有料駐車場を利用してください。

住所

〒180-0005 東京都武蔵野市御殿山1-17-6
TEL:0422-46-1100

公式サイト

井の頭自然文化園(いのかしらしぜんぶんかえん)
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR