16.2 C
Tokyo
ホームINFOしながわ水族館|基本情報(...

しながわ水族館|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

ミズクラゲ(しながわ水族館)

しながわ水族館は、東京都品川区のしながわ区民公園内に、1991年に開館した水族館。東京湾や水族館周辺に生息する生物から、世界の海と川に住む生物まで幅広く展示しています。お客様参加型のイルカショー、コミカルなアシカショーとアザラシショー、約50種200点の生物が泳ぐトンネル型の大水槽が人気です。品川区立の水族館で今後建て替えを予定しており、現在の施設近くに新施設を建設、2027年度にリニューアルオープン予定です。

営業時間

10:00〜17:00(最終入館16:30)

休館日
火曜日、1月1日

入館チケット

料金

大人
(高校生以上)
小・中学生 幼児
(4歳以上)
シルバー
(65歳以上)
1,350円 600円 300円 1,200円

※上記は個人の通常料金です。団体(有料人数20名以上)、学校団体、障がいをお持ちの方(本人と介助者1名、各種手帳を提示)、品川区民・品川区在勤・在学者の方(証明できるものを提示)に適用される割引料金があります。

購入方法

水族館窓口での購入の他、WEBで事前購入できる前売り券があります。

WEB前売り券
アソビュー|しながわ水族館

年間パスポート

年間パスポートは販売していません。

見どころ

・イルカショー、アシカショー、アザラシショー
・約50種200点の生物が泳ぐトンネル型の大水槽
・「東京湾に注ぐ川」:川の再現と生息する生物展示
・「クラゲたちの世界」:演出された変形水槽での展示
など、沢山の見どころがあります。

飼育動物

バンドウイルカマゼランペンギンアオウミガメシロワニゴマフアザラシカリフォルニアアシカチンアナゴミズクラゲ、マイワシ、サクラダイ、リーフフィッシュ、デンキウナギ、ヘコアユ、クマノミ
※太字はしながわ水族館内で人気のある生物及び水族館・動物園で人気のある生物です。

レストラン

水族館出口付近に「レストランドルフィン」があります。落ち着ける店内で、ハンバーグ、パスタ、カレー、お子様メニュー、デザートなどを販売しています。しながわ水族館開催のイベントにより、イベント限定メニューを販売することもあります。ウッドデッキには”にじ”をテーマにした「ドルフィンカフェ」があります。雲の形をイメージしたちぎりパンのサンドイッチや、にじいろのクリームソーダなどを販売しています。

ショップ

水族館出口付近にマリンショップ「シーガル」があります。しながわ水族館オリジナルのぬいぐるみやお菓子、海の生物モチーフの様々なグッズを販売しています。

アクセス

電車・バス
京浜急行「大森海岸駅」から徒歩約8分
JR京浜東北線「大森駅」から徒歩約15分
JR京浜東北線「大井町駅」から無料送迎バス乗車(乗車時間約15分)

駐車場

有料駐車場あり(収容台数96台、普通車200円/20分)
※土日祝は大変混雑して満車になるため、公共交通機関での訪問がおすすめです。

住所

〒140-0012 東京都品川区勝島3-2-1
TEL:03-3762-3433

公式サイト

しながわ水族館(しながわすいぞくかん)
https://www.aquarium.gr.jp/

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR