22.7 C
Tokyo
ホームINFO掛川花鳥園|基本情報(営業...

掛川花鳥園|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

オニオオハシ(掛川花鳥園)

掛川花鳥園は、静岡県掛川市に2003年に開園した、「花と鳥とのふれあい」を楽しめるテーマパーク。全天候型の屋内エリア・ガラスハウスの中で、色とりどりの花々を観たり、さまざまな鳥たちと直にふれあうことができます。屋外エリアにはエミュー牧場や、ハクチョウの池もあります。花々は、天井からつり下がる満開のインパチェンスや、スイレンプールで観られる多様なスイレンが見どころです。鳥たちとのふれあいは、自らの手から鳥たちに餌を食べてもらう体験ができたり、ペンギンを抱っこして一緒に記念写真を撮影したりなど、ユニークな体験ができます。猛禽類が目の前を飛ぶ、迫力のあるバードショーも人気です。株式会社掛川花鳥園が管理運営しています。

営業時間

平日(月~金) 9:00~16:30(最終入館16:00)
休日(土日祝) 9:00~17:00(最終入館16:30)

※GW、お盆休み期間、年末年始の営業時間は休日(土日祝)と同じ時間となります。

休園日

なし(年中無休)

入園料金

大人(中学生以上) 小学生 幼児 シニア(60歳以上)
1,300円 600円 無料 1,000円

※シニア料金の適用には、年齢がわかる証明の提示が必要です。上記の他、障がいをお持ちの方や団体(15名以上)に適用される割引料金があります。

年間パスポート

購入日より1年間、何度でも入園可能な年間パスポートです。

大人(中学生以上) 小学生 幼児 シニア(60歳以上)
5,200円 2,400円 無料 4,000円

飼育動物

オナガフクロウ、シロフクロウ、アフリカオオコノハズク、クロワシミミズク、ヘビクイワシ、メンフクロウ、ラナーハヤブサ、ベンガルワシミミズク、ハリスホーク、ケープペンギン、エミュー、コールダック、オシドリ、モモイロペリカン、コシベニペリカン、コクチョウ、マガモ、コブハクチョウ、ホオジロカンムリヅル、インドクジャク、オウカンエボシドリ、オオフラミンゴ、オニオオハシ、キンムネオナガテリムク、ベニコンゴウインコ、ギニアエボシドリ、ニシムラサキエボシドリ、ルリコンゴウインコ、クロエリセイタカシギ、コガネメキシコインコ、リビングストーンエボシドリ、キンケイ(金鶏)、ハイイロエボシドリ、クロツラヘラサギ、ハシビロコウ、ヒロハシサギ、イワシャコなど
※太字は掛川花鳥園内で人気のある動物及び動物園・水族館で人気のある動物です。

カフェ

ガラスハウス内に飲食店が2店舗あります。フードカフェ「ハナハナ」では、人気のシロフクロウをかたどった可愛いアイスクリームや、ハンバーガーなどの軽食を販売しています。レストラン「フローラ」では、人気のハシビロコウがのったオムハヤシや、麺類、お子様ランチなどを販売しています。

ショップ

ガラスハウス内にショップが2つあります。エントランス付近にあるおみやげ広場「ハミングバード」では、人気のハシビロコウなどの掛川花鳥園オリジナルグッズを中心に、さまざまな鳥グッズを販売しています。「花売店」では、花を販売しています。

オンラインショップ

掛川花鳥園 公式オンラインショップ

アクセス

電車・バス
JR「掛川駅」から:徒歩約800m、掛川市自主運行バス「市街地循環線(南回り)」に乗車し「掛川花鳥園前」下車すぐ(所要時間10分)、タクシーで約3分
※JR「掛川駅」までは新幹線でJR「名古屋駅」から約60分・JR「東京駅」から約90分、東海道本線でJR「名古屋駅」から約130分・JR「東京駅」から約270分かかります。


東名高速道路「掛川IC」から約5分

駐車場

無料駐車場あり(収容台数:普通車400台、大型バス20台)
※混雑時には臨時駐車場にも駐車可能です。

住所

〒436-0024 静岡県掛川市南西郷1517
TEL:0537-62-6363

公式サイト

掛川花鳥園(かけがわかちょうえん)
https://k-hana-tori.com/

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR