17 C
Tokyo
ホームINFO日本平動物園|基本情報(営...

日本平動物園|基本情報(営業時間、料金、駐車場、見どころなど)

レッサーパンダ(日本平動物園)

日本平動物園は、静岡県静岡市に1969年に開園した、静岡市立の動物園。屋内外で自由に動き回るレッサーパンダを間近で観察できる「レッサーパンダ館」の他、2007年から2013年までの園内リニューアル時に新設された「猛獣館299」「フライングメガドーム」などが見どころです。「猛獣館299」では生息環境が再現された展示場の中で、ネコ科の大型猛獣(ライオン、アムールトラ、ピューマ、ジャガー)の生態の違いや運動能力を比較しつつ観察したり、ホッキョクグマから環境問題について気付きを得たりすることができます。「フライングメガドーム」は様々な鳥類の飛ぶ姿を観察できる、国内最大級のフライングケージです。動物園内には小さな遊園地もあります。静岡市が管理運営しています。

営業時間

9:00〜16:30(最終入園16:00)

休園日
毎週月曜日(祝日、振替休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月1日)

入園チケット

料金

一般(高校生以上) 小・中学生
620円 150円

※上記は個人の通常料金です。団体(有料入園者20名以上)に適用される割引料金があります。
※指定の条件を満たす方は入園料が無料になります。条件及び対象者:静岡市内に在住・通学する小・中学生は証明書の原本提示で本人、障がいをお持ちの方は各種手帳の原本提示で本人と介助者1名、静岡市内在住70歳以上の方は証明書の原本提示で本人

購入方法

動物園窓口での購入の他、コンビニで事前購入できる前売り券があります。

コンビニ前売り券
セブンチケット|日本平動物園
ファミリーマート|日本平動物園 ※店頭端末でのみ購入可

年間パスポート

1年間、何度でも入園できる年間パスポートです。

一般(高校生以上) 小・中学生
2,510円 610円

飼育動物

アジアゾウ、アビシニアコロブス、アフリカタテガミヤマアラシ、アムールトラ、アメリカバイソン、インカアジサシ、オオアリクイ、オグロプレーリードッグ、オニオオハシカピバラ、カンムリシロムク、キリン、クチヒロカイマン、ケヅメリクガメ、コンドル、ゴマフアザラシ、サイチョウ、シェトランドポニー、ショウジョウトキ、シロサイ、シロフクロウ、ジェフロイクモザル、ジャガー、タンチョウ、ダチョウ、チンパンジー、ツクシガモ、テンジクネズミ、ニホンザル、ハクトウワシ、ハクビシン、バーバリシープ、ヒゲサキ、ヒゲワシ、ヒツジ、ビルマニシキヘビ、ピューマ、フタユビナマケモノ、フラミンゴ、フンボルトペンギン、ブチハイエナ、ブラッザグエノン、ベネットアカクビワラビー、ホオジロカンムリヅル、ホッキョクグマ、ボルネオオランウータン、マレーバク、マンドリル、ミーアキャット、モモイロペリカン、ヤギ、ライオン、ルーセットオオコウモリ、レッサーパンダワオキツネザル、ワライカワセミなど
※太字は日本平動物園内で人気のある動物及び動物園・水族館で人気のある動物です。

レストラン

動物園内に2つの飲食店があります。東門付近にある「レストハウス」では、ラーメン、うどん、カレー、お子様カレーなどを販売しています。温泉につかるカピバラをモチーフにしたかわいいメニュー”カピバラの温泉(ハッシュドビーフ)”も販売しています。「レストハウス」と「フライングメガドーム」の間にある売店「BIRD・SONG」では、ソフトクリームや焼きそばなどの軽食を販売しています。

ショップ

動物園内に3つのショップがあります。正門付近にある「動物たちのもり1」「動物たちのもり2」と、東門・ふれあい動物園付近にある「ふれあい動物園前」です。「動物たちのもり1」では、日本平動物園オリジナルのお菓子やレッサーパンダぬいぐるみなど、様々なかわいいグッズを販売しています。「動物たちのもり2」では、レッサーパンダくじやオリジナルポストカードの展示販売などをしています。「ふれあい動物園前」では、このショップ限定のグッズや記念メダルなどを販売しています。
※「ふれあい動物園前」は、土日祝のみの営業です。

アクセス

電車・バス
JR「東静岡駅」から:
1.しずてつジャストライン<静岡日本平線>に乗車し、バス停「動物園入口」下車徒歩約5分
2.日本平自動車の直行便(土日祝)「動物園に行こう!線」「動物園に行ってきました!線」に乗車(所要時間約10分)、「東豊田線」(平日)に乗車(所要時間約15分)


東名高速道路「日本平久能山スマートIC」から約10分、「静岡IC」から約20分、「清水IC」から約25分
新東名高速道路「新静岡IC」から約20分

駐車場

有料駐車場あり(駐車料金:普通車620円/回、バス1,570円/回、二輪車・自転車は無料)

住所

〒422-8005 静岡市駿河区池田1767-6
TEL:054-262-3251

公式サイト

日本平動物園(にほんだいらどうぶつえん)
https://www.nhdzoo.jp/

関連記事

LATEST ARTICLES

安佐動物園のゾウ3頭は全員貴重!アフリカゾウのオスの現状と、マルミミゾウの繁殖、かつて日本...

前回の記事では、2属3種のゾウ(亜種含めると6種)の細かな違いについて解説しました。 今回は、その中でアフリカゾウとマルミミゾウを展示している「安佐動物公園」(広島県広島市)のゾウを紹...

【6種のゾウ】日本では全種に会える!見分け方を写真で解説。【アジアゾウ・アフリカゾウ・マル...

皆さんは「ゾウ」というとどんな姿を思い浮かべますか?大きくて、鼻が長くて、牙が生えていて…。 ゾウは大きく分けると3種類、亜種を含めると6種類もの種が存在するんですよ(絶滅した種を除く...

サンシャイン水族館でアオリイカの公開給餌を激写!模様が波打つイカ「コブシメ」も紹介。

サンシャイン水族館(東京都豊島区)ではさまざまなイベントが開催されますが、筆者は2023年6月、「アオリイカ」の公開給餌を目撃しました。 公開給餌が行われたのは、本館1階の「海...

雨の日のサンシャイン水族館。天空を見上げるペリカンとペンギン

今回は、「サンシャイン水族館」(東京都豊島区)でしか見られない生き物の展示方法を紹介します。 中でも屋外エリアの「マリンガーデン 天空の旅」では、まるで空を飛んでいるようなペンギン、高...

【多摩動物公園】インドサイ「ゴポン」とともにつくったトレーニング。その内容や目的に迫る!

今回は「東京都多摩動物公園」(東京都日野市)で行われているインドサイのトレーニングについて紹介します。 「インドサイ」といえば、硬い皮膚が特徴的で、体全体が鎧で覆われているように見える...

Most Popular

- Advertisment -

MAP

EVENT CALENDAR